【読書感想】剣道にかける青春。ココロがいい汗かきました。『武士道シックスティーン』シリーズ

DSC_0091_compressed


Kindle版を買って一気に読んでしまいました。
通勤中の時間が大分サワヤカでいい感じでした。もっともっと続きが読みたかった・・・

二人の主人公は、剣道に対する気持ちが真逆

この小説には二人の主人公がいます。
中学から剣道をはじめた、「勝ち負けよりも楽しく」な西荻早苗。
剣道エリート、「勝ちにこだわる武蔵マニア」の磯山香織。
ある市民大会で、この二人は勝負をすることになります。
そこで、全中で準優勝した磯山に、西荻はメンを食らわせて勝ってしまいます。
しかしこのとき、西荻は相手がそんな強豪だということに全く気づいていません。
磯山は自分がなぜ負けたのかを確かめるため、リベンジを果たすため、西荻の入る高校へと進学するのでした。

二人の成長、剣道への姿勢の変化。その変化が楽しめる。

シリーズ第一巻にあたる『武士道シックスティーン』では、二人が出会ってから高校1年生が終わるまでが描かれています。
作者インタビューで「当初続編を書くことを考えてなかった」ということをおっしゃっている通り、かなりキレイに終わっています。
ネタバレはしませんが、正反対の二人が時に反発をしながらも、「友達」や「ライバル」といった関係ではくくれない仲になっていきます。
特に剣道は勝ってナンボ、武士の道をひたすら進んでいた磯山の変化。
ある種「お約束」の変化であるものの、なんだかおばちゃんのような気持ちで読んでいてしまいました。
ああ、ネタバレしないで魅力を伝えるのは難しい(-_-;)

『武士道セブンティーン』では、二人が苦しみを抜けて大きく飛躍する。

剣道に打ち込んでいるときは強力な「武士」のようであっても、中身は女の子。
いろいろと悩みが出てきます。ときに剣道を離れてしまいたくなることも。
おそらく一人では乗り越えられなかったであろう二人は、それぞれの「師匠」にあたる人物や、家族とともに光を見出します。
そして後輩の存在も大きく、磯山は「剣道を教える」ことについても魅力を感じ、また逆に指導の中から何かを見出すことも。
このへん、特に運動部に所属していた人であれば共感できる部分は多いと思います。
特に田原という後輩がいるのですが、これが次の『武士道エイティーン』で私にグサグサくるキャラクターになっていくのです・・・(`・ω・´)

外伝的な話が半分、フィナーレが半分の『武士道エイティーン』

いままで「西荻視点」「磯山視点」の2つの軸で進んできたお話が、今度は「磯山の師匠の視点」や「西荻の姉の視点」「田原の視点」など、スピンオフのようなお話が盛り込まれています。
(だからエイティーンをいきなり読むとわけがわかりません。)
シックスティーン、セブンティーンで過ぎてきた部分が「実は伏線だった」「裏ではこんなことが起こっていた」というのがすべて一つの線になってつながります。
気持ちいいくらいに。
また、このエイティーンで高校生としての二人にも終わりが訪れます。
高校卒業後、二人がどうなるのか。本人たちも大いに悩んだその結末は・・・
読んでみてください。読みやすいので、一気にいけます。3冊セットでどうぞ。
本棚に置いておきたいから、紙の本を買ってしまおうか迷ってるくらいです(´ω`)

作者インタビュー

『武士道エイティーン』 (誉田哲也 著) | 著者インタビュー – 本の話WEB

本を読んだらこちらのインtなビューも読むことをオススメします。面白いです。

Kindle版が安いのでオススメですよ

オフィシャルサイト

文藝春秋 | 誉田哲也『武士道エイティーン』| 特設サイト

【本の話 4】

スポンサードリンク

DSC_0091_compressed

シェアしてみませんか?