料金を押さえてiPhoneとAndroidが使いたいので、デュアルsim端末のzenfone3を購入

ソファの上からこんにちは。そふぁね(@sofa_ne)です。

長いこと「新しくスマホ買おうかな」と悩んで過ごしてきましたが、ついに新しくスマホを購入しました。
ASUSのzenfone3 ZE520KL-WH32S3 です。

今まではiPhone6とSH-02Eの2台持ちで使ってきました。
もともとはドコモと契約してSH-02Eをずっと使っていたのですが、通信費を節約したいと思って2台持ちを決意。その結果、電話をしない月であれば月2000円以下でスマホを使えていました。
そこまでは良かったのですが、いくつか事情があってスマホを新しくしたいなーと思っていたのです。

スポンサードリンク

zenfone3を買おうと思った理由

きっかけは、電話用の端末として使ってきたSH-02Eが異常終了し始めたこと。
電池が残っているのにいつのまにかシャットダウンしてたり、あとは気づかないうちに再起動した形跡があったりと「もうそろそろ壊れるんじゃ・・・?」という状態が続いていました。
そこで新しい端末を買おうと思ったわけですが、同時にお仕事でAndroid端末を使いたい場面が増えてきました。

今まで持っていたSH-02EもAndroid端末ではあるのですが、もうAndroidのバージョンも古いですし、そもそも電話専用なので外ではデータ通信できません。
電話専用の端末とデータ通信専用の端末を2台持つことは他にも弊害があって、電話がかかってきても気づかないことがものすごく多くなりました。普段使うのはデータ通信専用の端末なので、電話端末はバッグに入れっぱなし。なっても気づかない、と。
仕事の電話がかかってきたのに気づかないでいて、メールで「電話したんですが」と言われることも増えてきて、これはマズイなと。電話とデータ通信が両方できると、スマホを見る機会も増えて、電話にも気づける。はず。
でも前のようにドコモで電話もデータ通信も契約するとなると、月6000円とかかかってしまいます。

ここまでの私の望みを要約すると以下の3つ。

  • 料金は抑えたい
  • AndroidもiPhoneも持ちたい
  • 電話とデータ通信を1台の端末で出来るようにしたい

これらをを叶えてくれるのが、zenfone3だった、というわけです。

zenfone3(ZE520KL)なら、ドコモのsimと格安simを同時に使える

普通のスマートフォンは、通信をするためのsimカードは1枚しか使えません。しかし、zenfoe3(ZE520KL)はsimカードを2枚使うことができるのです。

どういうことかというと、電話しか契約していない(インターネットができない)ドコモのsimと、データ通信専用の格安simを同時に挿して、電話もネットも使える、ということ。

今までもsimが2枚使える端末はいくつかあったそうなのですが、「切替操作をしないと使えない」というものがほとんどでした。切替ないといけない、ということは、データ通信用のsimを使ってTwitterとかしているときに電話がかかってきても受けられない、と。これじゃいくら「2枚のsimが挿せますよ」と言われても「いや、そういうことじゃなくて・・・」って思いますよね。

その点zenfone3(ZE520KL)なら、データ通信用のsimでtwitterとかやっているときでも、ちゃんと電話を受けることができる。コレは素晴らしい。普通にドコモとかauで電話&データ通信の契約をしているのと全く変わらない感覚で使えそうではありませんか。
1点注意なのが、「電話中にはデータ通信ができない」ということ。
例えば私が通話中に誰かがLINEのメッセージをくれたとしても、私がそれを確認できるのは通話が終わってから、ということになります。

ただ、この注意点についても、素人の私からすると別に何も困らないんじゃ?と思いまして。
手動で切り替えしなくても、電話が来たら電話用のsimで電話させてくれて、電話が終わったらデータ通信用のsimでインターネットができる。充分なのでは?と。
この辺は実際使ってみたら不便を感じるのかもしれませんが、そこはやってみないとわからないので、何事もトライトライ。

このように、2枚のsimを挿したときに自動で切り替えをしてくれるが同時には使えない、というのをデュアルスタンバイと言うそうです。
2枚挿して2枚同時に使えるデュアルアクティブという機能を持ったスマホもあるそうですが、きっとお高いんでしょう?ということで、私にはデュアルスタンバイなzenfone3で充分かなと。
参考:デュアルスタンバイ(DSDS)とデュアルアクティブ(DSDA)の違いまとめ

購入は(高いけど)国内版をJoshinで。

zenfone3は、安く買おうと思ったら30000円ちょっとくらいで海外から輸入したものを購入できるようでした。
が、海外版は日本で使うと電波法に違反するかも?なんてコワイ情報があったり、あとは何か初期不良などがあった場合に日本のASUSで対応してくれないらしいので、40000円を超えてしまいましたが国内版を【楽天市場】Joshin web 家電・PC・ホビー専門店で購入しました。
楽天ポイントが28000ポイントくらいたまっていたので、まとめて使用。

Amazonでも国内版を売っていますし、私のように楽天ポイントを使いたい方は楽天経由で買うのが良さそうです。

zenfone3を手に入れてからの端末構成

私はスマホを5つも6つも持っているガジェット好きの方々ほどではないので、2台あれば充分(といかコレが限界)。
ということで、今後は

  • zenfoe3 データ通信+電話
  • iPhone6 データ通信

という2台体制でいこうと思います。

これだと「zenfone3さえあればiPhoneいらないじゃん」と思われるかもしれません。私も若干そう思い始めています・・・。
ただ仕事で両方使いたいのは間違いないので、とりあえず両方とも使うつもりで暮らしてみて、使っていくうちにどちらか一方が自然にメイン端末になるのかなと。そこらへんは追ってレポートします。

Zenfone3購入関連記事

Zenfone 3 (ZE520KL-WH32S3)の開封と外観、iPhone6との比較

2017.01.14

スポンサードリンク

シェアしてみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

山形出身29歳。本業はソフトウェアエンジニアだったりします。浦和レッズ / iPhone / MacBookPro / kindle / 読書 / ゲーム / WakeUp,Girls! / ブログ / マグカップなどが好き。