人生初Lightroom。素人でも使えるけれど、これは奥が深そうです。いい意味で。

ソファの上からこんにちは。そふぁね(@sofa_ne)です。

最近私的植物生活概論を書いてるクリハラ(@kurit3)さんから「Lightroomはいいぞ」という話を聞きました。
というとあまりに雑すぎるのでもう少し経緯を説明します。

私が最近「いつもいいかげんに写真撮ってるけど、周りのひとたちが素敵な写真を撮ってるので、来年は自分もそんなふうになりたいなぁ」と思ったのがキッカケで、クリハラさんに「(上達するまで)やっぱり撮りまくったんですか?」と聞いたのです。
そうしたら、「撮るのもそうだけど、Lightroom使い始めてから色々変わったよ」というコメントをもらいました。

最初は「自分みたいな素人がLightroom買っても仕方なくて、まずは量撮って構図とか叩き込まないといけない」って思っていたのですが、どうも必ずしもそうではないと。
確かに構図とかは大事だけれど、細かい色味とか明るさとかをいちいち気にしながら少しだけ撮るよりは、後で多少補正すればいいやという安心感のもとで撮るのもアリだよと。

そんなアドバイスをもらったので、来年はとか言ってないで今すぐ使えばいいじゃないかと、まずは体験版をダウンロードして使いはじめました。

スポンサードリンク

素人がLightroomに手を出してみたところ、いい感じに補正できた

私はLightroomは人生で一度も使ったことがなくて、しかもカメラも別に詳しくないひとです。
「35mm換算」と聞くと黙るくらいの素人です。

そんな自分でも写真の補正なんてできるんだろうか、と思っていましたが、結論としてはよくわかんないけどいい感じになった!というレベルであれば実感できました。

試しに例をみていただきましょう。

補正前

まず、下の画像がカメラで撮ったそのままの画像です。
グレートオーシャンロード補正前

オーストラリアのグレートオーシャンロードツアーに行ったときに撮った「十二使徒」の画像です。
参考:12使徒に感動|ビクトリア州 – オーストラリア政府観光局

エヴァンゲリオンじゃないですよ。

この写真は撮った自分が見ると思い出が蘇ってくるので良いのですが、写真としては、なんか明るすぎるというか、ぽわっとした感じ?に見えてしまいます。素人意見ですけど。

で、これをLightroom使うとどうなるかというと。

補正後

こうなりました。

グレートオーシャンロード補正後

この補正が良いのか悪いのかは正直まだ分からない(アドバイス欲しい)んですけど、比較的ビビッドな、富士フィルムカラーをパキッとさせたような写真が好みなので、補正後の感じのほうが好きなんです。
好き嫌いは個人の好みもあるのでいいですが、Lightroomを使ったらこういった補正が簡単にできました、というのが自分的には発見。そしてワクワク。

でも、無知なまま全部の写真が綺麗になるわけじゃなかった・・・。

で、この海の写真がいい感じになったのに気をよくして、ほかの写真もアレコレといじってみたのですがうまいこといい感じにならない
たぶん上で例にあげた海の写真が補正できたのはたまたまで、いろんな写真を思い通りにするには、やっぱりそれなりの知識と使いこなしが必要なようです。当たり前ですね。
Lightroomの「カタログ」とかの概念がまだあまり分かってないですし、覚えるべきことは沢山ありそうですが、それでもなんかワクワクしちゃってる自分がいたりして、久しぶりに楽しいです。コレ。

まだ体験版の期間ですが、終わったら月額プランに移行して継続して使う予定です。Photoshopもついてるし。

写真に関しては周りにスゴい人が多くて、今更自分が始めても・・・と思っていたりしたのですが、やってると楽しいのは間違いないですし、スゴイ人が沢山いるということは聞く相手も沢山いるということだとポジティブに捉えて!やってみようと思います。

スポンサードリンク

シェアしてみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

山形出身28歳。本業はソフトウェアエンジニアだったりします。浦和レッズ / iPhone / MacBookPro / kindle / 読書 / ゲーム / WakeUp,Girls! / ブログ / マグカップなどが好き。