オーストラリアのスーパーでパック寿司を買って食べてみた結果・・・

ソファの上からこんにちは。そふぁね(@sofa_ne)です。

先日オーストラリア滞在中「もうフィッシュでもチップスでもパンでもフォカッチャでもないものが食べたい!!」と思いまして、(やめときゃいいのに)スーパーで購入した現地のパック寿司を食べてみました。

スポンサードリンク

オーストラリアのスーパーでは”SushiIzu”の寿司を売っている

メルボルンの中心部にあるスーパー「Woolworths QV」に、そいつはありました。
※写真は買って帰ってから撮ったものです。
SushiIzu 1
パッケージにはSushi Izuのロゴ。
日本では聞いたことないので、現地の寿司屋もしくはパック寿司メーカーのようです。

SushiIzu 2
こちらが5豪ドルの「Teriyaki Beef and Avocado Hand Roll Twin Pack」です。これを選んだのはうちの妻なのですが、曰く「火が通っていれば食べられるのではないか」とのこと。
ここまで信用していないにも関わらずお米を欲してしまうWe are JAPANESE. Oh year.

SushiIzu 3
こちらが、私が選んだ「Nigiri Plate – Aburi Salmon(Large)」です。
選んだ理由は「表面を炙ってあれば生ではないので食べられるのではないか」と、妻と全く同じ部分を気にしてのチョイス。

オーストラリアとはいえ「海外では生魚を食べない」というのを聞いた覚えがあるので、ここにきてお腹とか壊したら大変ですし、少しでも安全に・・・という作戦です。

ところが、そういう問題ではなかったのです。

シンプルにおいしくない

予想通り、ではなく予想以上に日本人の口に合わなかったです・・・。なぜか。
その1にシャリ硬すぎ。
そもそもの米粒が日本のものより硬く炊かれている上に、けっこうギュウギュウに握っているようです。ご飯を茶碗に盛ったあとでしゃもじで押しつぶしたあと、半日くらいラップもせずに放置した感じ。

その2として、具の味が濃い。そして辛い。
日本でサーモンの寿司って言ったら、けっこう味が濃いほうじゃないですか。サーモン自体が脂乗ってるので。
なぜかその脂が多めなサーモンに対して、マヨと照り焼きのようなソースをかけてさらに謎のスパイシー味付けをしていて、サーモンの味が全くしない・・・。

別にオーストラリア人の味覚がバカってことは無いと思うんですよ。飽きはするものの、フィッシュアンドチップスとか普通に美味しいですし、味付けが濃すぎるということもありません。
どちらかというと、ヨーロッパ系のオーストラリア人よりもアジア系のオーストラリア人が好んで食べているのでしょうか・・・。東アジアとか東南アジアならたしかに食べるのかも・・・なんて勝手に思ったりしました。

まとめ

えー、結論としては、いくら日本の味が恋しくなったからといって、オーストラリアのスーパーでパック寿司を買って食べるのはやめておいたほうがいいです。ほんとに。
スニッカーズ食べるほうが美味しいし身体に良さそうですよ。

ちなみに・・・

SUSHIHUB
メルボルンのあちこちに「SUSHI HUB」とか「sushi sushi」とかって寿司屋があって、しかも意外と賑わっています。
こっちは食べてみませんでしたが、もしこのSushi Izuのような、日本人が食べたら「なんじゃこりゃ」ってなるような寿司が売られているようだとちょっと・・・。
オリンピックなどで日本に来た人には本場の寿司を楽しんで貰えるといいですし、それ以前にオーストラリアでも本物っぽい寿司が食べられることを切に願っています。日本から。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

山形出身29歳。本業はソフトウェアエンジニアだったりします。浦和レッズ / iPhone / MacBookPro / kindle / 読書 / ゲーム / WakeUp,Girls! / ブログ / マグカップなどが好き。