無印良品「リビングでもダイニングでもつかえるテーブル・2」の開封・組み立て・設置例

ソファの上からこんにちは。そふぁね(@sofa_ne)です。

リビングの低いテーブルで食事をしていました。
必然的に床に直接座る形だったのですが、周りも散らかるしあまり良くなくて。
ダイニングを作るスペースはないけどリビング兼ダイニング的に使えるテーブルが欲しいなーと思って探したところ、無印にそのままズバリな名前のテーブルがありました。

スポンサードリンク

リビングでもダイニングでもつかえるテーブル・2

リビングでもダイニングでもつかえるテーブルはサイズが4種類あります。

  1. 幅150×奥行65×高さ60cm
  2. 幅130×奥行65×高さ60cm
  3. 幅150×奥行80×高さ60cm
  4. 幅130×奥行80×高さ60cm

の4つで、今回私が購入したのが2の幅130×奥行65×高さ60cmタイプです。

このリビングでもダイニングでもつかえるテーブルの良いところは、高さ60cmであるところなんです。
テーブルを買おうと思うと、一般的なダイニングテーブルの高さは70cm。
これだと、リビングのテレビとソファの間に置いたときに、存在感があるんですね。また、ソファの座面に対してテーブルが高く、とても使いづらくなってしまいます。

一方、このリビングでもダイニングでもつかえるテーブルは高さが60cmなので、座面が低めのソファと合わせてもちょうど良い高さ。ナイス無印。

開封&組み立て

無印の店舗で注文し、1週間で到着。
テーブル1
まず大きい。そして重い。
配達のおじさんが二人がかりで運んできました。
サイズ的には一人でもいけなくはないんですが、とにかく重いので一人はきついです。当然組み立ても二人必要です。

テーブル2
とりあえず床にスペースを作って置きました。
置くときは下に何かしら敷くのをお忘れなく。

テーブル3
開けると一番上に天板(重い)が入っていました。
天板をよけないと他のパーツが出せないので、組み立ての際には天板を置いておくスペースも必要ですね。

テーブル4
天板をどかすと他のパーツが出てきます。
脚や棚板は一人でも十分持てるレベルで安心。

テーブル5
組み立て説明書が出てきました。
説明書に「組み立ての際は下に何かしら敷いて下さい」と書いてありましたが、コレを見てる時点で既に広げ終わっているのでは・・・
そして、ナットやネジの類がひとつにまとまっていて、説明書ではAとかBとか名前がついています。
でもパーツ側のどこにも名前が書いていないので、同じ形のサイズ違いを見分けるのがなかなかつらいです・・・。

テーブル6
組み立ては基本的にかんたんでした。ドライバーも用意していたのですが、必要な工具は付いてくるので大丈夫です。
ただ、二人で作るのが必須な一方で工具は一人分しか付いてこないので、急いで作りたい方で過去に無印の家具を組み立てたことがある方は、過去無印の家具に付いてきた六角レンチを用意しておくと良いでしょう。

テーブル7
テーブルの脚に貼る用のフェルトが付いてくるのがとても親切。
カーペットの上に置かなくても、床が凹んだりせずに済みそうです。

テーブル8
そんなこんなで、脚部分が組み上がりました。
脚だけならそんなに重くないので、一人でも動かせます。

テーブル9
一旦脚をよけて、天板を裏返しに置きます。

テーブル10
天板に脚を固定していよいよ完成。

完成

テーブル11
完成して、置いた状態がこんな感じです。
置いたばかりのテーブルは良いですねー、片付いてて。この状態をキーポンしたいものです・・・。

テーブル12
ソファに座った状態の長めはこんな感じ。
奥行きが65cmなのですが、広さを感じます。
1辺に2人並んで使う分にはまったく問題なし。これを4人で使って夕飯食べるとなると少し狭そうだな、という印象です。

組み立ては2人で45分程度

公式ページには2人で25分と書いてあったのですが、わりとオーバーしてしまいました。
ブログ用に写真を撮りながらやったというのもありますが、25分は流石に早いので、30分以上はかかると思ってとりかかったほうが良いです。

ちなみに配送時に組み立てもお願いすると税込み3240円かかります。
女性ひとり暮らしとかの場合はお願いしたほうがいいです。
女性二人でもなんとかなりそうですが、やっぱり天板が重いので男が一人は居たほうがいいですね。

全体的な第一印象は◯

作りも比較的しっかりしていて、あとは全体を手で撫でてみましたが、引っ掛かりもなし。
表面全体が滑らかに加工されています。
小さいお子さんが触っても怪我の心配はなさそうです。

この後しばらく使ってみて、感想が変わってきたらまた記事にまとめます。

スポンサードリンク

シェアしてみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

山形出身28歳。本業はソフトウェアエンジニアだったりします。浦和レッズ / iPhone / MacBookPro / kindle / 読書 / ゲーム / WakeUp,Girls! / ブログ / マグカップなどが好き。