続けられていること、続かないこと

ソファの上からこんにちは。そふぁね(@sofa_ne)です。

ここ2,3ヶ月、色々と生活を改善するためにやっていることがあります。
例えばノート術だったり、「すぐやる」だったり。

ブログに書いていないことも幾つかトライしてきたのですが、うまく続いていることとそうでないことが大分分かれてきました。

スポンサードリンク

続いていること

ほぼ習慣化されたこと、続けてできていることは

  • ブログを書く
  • ノート術
  • その日のうちに皿洗い

などです。

ブログを書くについてはそのままこのブログをみていただければわかるんですが、8月以降結構な更新頻度で書いてます。
前にも毎日更新とかやった時期があったので基礎が出来ていたのと、あとは仕事とか家庭で比較的余裕があったというのが大きいですね。忙しい時期にも同じペースが保てるように、もう少し工夫が必要そうです。

ノート術は、たぶんここ1年でも一番影響が大きい習慣かもしれないです。
ノートを持ち歩いて沢山書くようになりましたし、ブログを頻繁に更新できているのはノート術によるところが大きいです。ノートを持っていると今までスルーしていたような考え・アイディアが溜まっていきますし、それをブログの文章として書き起こすのは、何もないところからネタを考え始めるのと比べて圧倒的に楽です。

その日のうちに皿洗いをするのは、たぶん「慣れ」です。
特別な工夫をしたわけではなくて、最初の数日間「めんどくさい」という気持ちに勝ちつつ終わったら「自分さすが」とベタ褒めしていたら自然と習慣になりました。

続いていないこと

一方でやろうとして続いていないことは

  • 時間記録
  • 仕事中のタスク管理

が主です。

Togglという時間管理ツールを使って何に何分かけているのかを計測し、その結果を踏まえて時間の使い方を最適化しよう、という青写真だったわけですが、みごとに撃沈しています。
というのも、時間計り始めるときはいいんですけど、ストップするのを忘れるんですよね。
通勤時間を計ろうと思って家を出るときに計測スタートしたのに、昼ごろになって「あ、止めるの忘れてた・・・」が頻発。
なかなか上手く続けられていません。

仕事中のタスク管理は、Toodledoを使って管理しようとしていたのですが、大タスクがころころ変わったりするのに、一度落ち着くと「今日は1日中ずっとこの作業」みたいなパターンもあったりで、あまりメリットを見つけられず・・・。
たぶんいまはまだ時じゃないんだと思います。

続けるコツが少しずつ見えてきました

といった感じで、続いていること・続いていないこと両方ありますが、違いとしては「やるメリットが明確で、小さい単位で実感できるものかどうか」かなと思いました。

ノート術なんかはスタートしてからブログネタが貯まったり考えが深まったりとメリットを感じてますし、そうでなくてもノートのページを消費していくことそれ自体が快感になってきました。「もうこんなに書いた!」みたいな。

皿洗いも、スタートは本当にめんどくさいんですけど、「その日のうちに洗い終えた」という達成感と、あとは自分をノせるのに成功しているから続いているようです。

時間記録やタスク管理にも、こういった小さい喜びを見つけられれば、一気に習慣化する可能性も無くはないかな。

・・・以上のような内容は、正直ほぼ本に書いてあるのですが、今回は自分で色々試行錯誤してみて、その結果を本に書いてあることと比べてみる、のが目的でした。

スポンサードリンク

シェアしてみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

山形出身28歳。本業はソフトウェアエンジニアだったりします。浦和レッズ / iPhone / MacBookPro / kindle / 読書 / ゲーム / WakeUp,Girls! / ブログ / マグカップなどが好き。