習慣化の「例外ルール」導入のため、ポイント制を考えてみました

ソファの上からこんにちは。そふぁね(@sofa_ne)です。

先日から習慣化について色々取り組んでいます。その一環として、ここ30日ほど毎日ブログを書き続けてきていたのですが、金曜日に書けずにストップしてしまいました。

ただここでやめてしまっては本末転倒で、習慣化のために「やめずに続ける」ことが必要です。

スポンサードリンク

習慣と例外ルール

習慣化のためには例外ルールが必要だ、と『30日で人生を変える 「続ける」習慣』にも書いてありました。

できなかった、途中で止まってしまった、と自己嫌悪したりやる気が無くなってしまっては、せっかく習慣化に向けて動き出したのにもったいないですよね。もっと長い目で見た時の継続が大事です。
そもそも、誰にでも突然予定が入ったとか、体調を崩したとか、いつもの習慣が実行できな状況の変化はあるものです。なので、そういった状況の変化に対して柔軟に対応することが、習慣化のコツの1つになっています。

状況の変化に対応するための「例外ルール」を決める

ということで、私が今回一度途切れてしまった「ブログを書く」という習慣について、例外ルールを考えてみました。

例外ルールはもちろん正解は無くて、人それぞれの状況にあった効果的なルールを設定する必要があります。
私も思いついたばかりなのでコレが最適かどうかは今から試しますが、「ポイント制の導入」をすることにしました。

例えば、毎日ブログを書く、という習慣を身に付けたい今回のような場合

  • 一週間で70ポイントをゲットする
  • 各行動のポイント
    • 新規に記事を書いて公開する 10ポイント
    • 過去記事を修正して公開する 5ポイント
    • ブログネタを1記事分メモする 3ポイント

といった具合です。
これなら、普通に毎日記事を書けば10ポイント×7日間で70ポイントに到達します。
仮に書けない日があった場合でも、過去記事を2記事分修正するとか、ネタのストックだけはしておくといった「カバー」ができ、かつ一週間という幅をもたせることで、その週内での調整ができるようになります。
明日は忙しいとわかっているから、今日のうちに2記事書いておこう、とか、昨日書けなかったから週末のネタだしでカバーだ、とか。

こうすれば、例え毎日記事を書いて公開できなくとも、何かしら前に進んでいる実感が得られます。

ちょっとしばらくこのポイント制習慣化メソッド(気分をノせるために名前付けてみました)で、やっていきます。

参考

スポンサードリンク

シェアしてみませんか?