情報を1冊のノートにまとめはじめて2ヶ月たってわかったメリットデメリット

ソファの上からこんにちは。そふぁね(@sofa_ne)です。

2ヶ月前に『情報は1冊のノートにまとめなさい』という本を読んで、1冊のノートに全てを書くということを始めました。
参考:情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版] | ソファに寝ながら考えた

まるっと2ヶ月実践してみてわかったメリット・デメリットをご紹介します。これから始める方の参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク

情報を1冊のノートにまとめるメリット

頭を使わなくていい

コレが一番大きいです。
とにかく「コレ」と決めた自分のノートを常に持ち歩いて、仕事中も開いておいて、何か気になることや考えたことがあったら日付と内容を書く。
コレだけです。色がどうとか、書き方がどうということは一旦忘れて、とにかく1冊のノートに全部書く。

非常にシンプルな方法なので、頭に「!」と浮かんでからノートに書き留めるまで、アイディアの鮮度が落ちません。
書き方とかルールに頭を使わなくていいぶん、速いしコストが低い。この点が大きなメリットです。

たくさん書くようになった

そもそもの書く量が増えました。仕事用、勉強用、ライフログ用などとノートを分けるのも一つの手ですが、おそらくノートを内容ごとに分けた場合と比べて、1冊にまとめたほうが総書き込み量が多いです。

本当に頭がよくなる1分間ノート術』という本に書いてあったのですが、

ノートも、何か書いてある状態を最初に作れば、ノートに書く量が増えます。

大切なことだけをメモするぞと気負うのではなく、どうでもいいことを書こうと思う人が、最後にはいいノートを取れる人になっていくのです。

という2つが、まさに実感できます。
自分はまだ2ヶ月だけなので、ノートも1冊終わったばかりですが、これを数ヶ月、数年続けていくとぜんぜん違う未来が待っているなというワクワク・楽しみな感じがありますね。

たくさん書いてあると、思い出しやすい

また、「なんでもかんでも書く」と思うとハードルが大分下がるのか、頭の中で整理した結論だけでなく思考の過程もノートに残るようになりました。
これがかなり大事で、後で見返したときに「あのとき何やってたんだっけ?」「なんでこんなふうに考えたんだっけ?」という、当時の自分の思考をトレースしやすくなります。

1冊のノートにまとめるデメリット

カワイイノートを使いづらい

仕事とプライベートとの区別なくノートに書くので、仕事中上司やお客様の前で使っても恥ずかしくないデザインのノートを使わないといけない、という制約ができてしまいます。こんなノートも使いたかったのですが。

好きなモノを選べないというのは、人によりますがデメリットになりえます。

ノートを分けたい衝動にかられる

仕事中、ブログのネタとかアイディアが降ってくるときがあります。
そうすると、3,4ページ使ってがっつりと書きたくなります。が、机の上で広げておく手前、「ブログが〜」みたいな内容を書くのがはばかられたりもしますね。
あとはノートにイラストを書きたい派の人なんかは、プライベートと仕事が同じノートというのが不便に感じられるときがあるかもしれません。

今後:もう1冊このノート術を続けて、そこから再度判断します

上にメリット・デメリットを挙げたように、デメリットとして感じたことの殆どはプライベートと仕事とを一緒くたにしているところに起因しています。
なので、一旦今使っているノートはこのまま一緒くたで使うのですが、このノートを使い終わったタイミングで、仕事用と仕事以外用を分けかどうかなど考えてみたいと思います。

まだ想像でしかありませんが、このノート術を続けて「とにかく些細なことでもノートに書く」ということが習慣化されれば、2冊に分けてもなんとかなるんじゃないかな?と思っています。
このへんは、いくら本を読んだり周りのノート好きの話を聞いたりしても、結局は自分にあったやり方を模索するしかないでしょう。
なので、自分流のノート術をあみだせるんだというポジティブな気持ちで試していきます。

参考

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

山形出身29歳。本業はソフトウェアエンジニアだったりします。浦和レッズ / iPhone / MacBookPro / kindle / 読書 / ゲーム / WakeUp,Girls! / ブログ / マグカップなどが好き。