LogicalAirに試し書きしてみた第一印象は「軽いけど普通のノート、だけど軽い」

ソファの上からこんにちは。そふぁね(@sofa_ne)です。

先日、ノートを3冊同時に購入しましたが、そのうちの1冊ナカバヤシ ロジカルエアー軽量ノート A罫 A5 ダークブルーに試し書きをしてみました。

スポンサードリンク

LogicalAirの第一印象

軽い

LogicalAir 1
まず何より、製品のウリでもある「軽さ」ですね。
自分は荷物は小さくて軽いほうが良い派なので、軽いのは嬉しい限りです。今はモレスキンとほぼ日の2冊使いなのですが、以外とバカにできない重さになるんですよね。

罫線が特徴的

LogicalAir 3

方眼といえば方眼、でも中学1年生が使う英語用ノートのようにも見える、特徴的な罫線をしています。
ここが「ロジカルノート」のウリだそうなのですが、私の今回の使いみちは「お勉強用」ではないので、ここは良くも悪くもないですね。
LogicalAir 2

表紙の裏に使い方が書いてあります。
やっぱりコレを見ても中高生に向いてる印象。もしくは社会人が資格とかのお勉強するときですかね。

普段使うペンの書き心地チェック

LogicalAir 5
上からJetstream0.5m、ENERGEL0.35m、ENERGEL0.5m、そしてMILDLINERのBOLDです。

書いてみた感想としては、可もなく不可もなく、ですね。
Campusノートに書いたときと同じ書き心地、が一番わかりやすいかもしれません。普段使っているほぼ日のトモエリバーやモレスキンと比べてしまうと劣ります。ザラザラ感というか、ひっかかる感じ。

LogicalAir 6
書いた直後の裏抜けはナシです。モレスキンとかだとこの時点でうっすら裏抜けしてたりするので、それに比べると優秀ですね。
ただ、今回は時間が経ったあとでも見返すようなノートとして使うつもりなので、半年とか1年とか経ってからもこの状態をキープしてくれるかは気になるところですね。

まとめ:軽いは正義。他は普通のノートだけど、問題なし。

やっぱり「軽い」が一番のウリですね。
書き心地などは特別良いわけではありませんが、別に安っぽかったり不快だったりするわけではありません。問題なし、です。言ってしまえば軽いだけの普通のノートなのですが、その軽さというのはやっぱり価値だなと気付かされる1冊です。

あとは表紙がもう少しオシャレだったら・・・

スポンサードリンク