大嫌いな皿洗いだけど「すぐやら」ないとかえって辛い→すぐやる習慣をつけてしまおう

ソファの上からこんにちは。そふぁね(@sofa_ne)です。

皿洗いが大嫌いだったりします。油汚れとか特に。炒めものとかすると同じフライパンを2回3回洗わないといけなかったり、手が荒れたり、とにかく嫌いな理由を挙げればキリがないくらい嫌いです。

でも掃除・洗濯と一緒で、皿も洗わないと暮らせないわけで。「俺は嫌いだからお前がやれ!」なんて奥さんに言うのも有り得ない。
だからなるべくストレスなく皿洗いが出来るような工夫をしたい、と思って考えてみました。

スポンサードリンク

皿洗いは放置するからつらくなる

嫌いは嫌いとして、少しでもラクな気持ちでやるためには、「すぐやる」のが大事だと、最近読んだ『「すぐやる」力で差をつけろ』にも書いてありました。

「あとで」やる人と、「今すぐ」やる人ではどちらが疲れるだろうか。  もちろん「あとで」やる人のほうが疲れる。

今まで良くなかったのが、「皿洗いめんどくさい」といって、次の日料理する前に前日使った食器を洗い始めるパターンが多かったこと。
「よし、ご飯つくろ」って思えるわけないですよねコレじゃ。
ソファに寝てる状態から起き上がる気力が出てきません。

最近はなんとか上で引用したことばを思い出すことで奮起して「すぐやらないで後回しにするから辛いんだ、今やっちゃおう」と着手するようにしています。
で、洗いおわったら「当日中にやった自分偉い、サイコー、さすがー」とひたすら自分を褒める。

あとは、この「ご飯食べたら食器はすぐ洗う」というのを習慣化して、手が勝手に動くレベルまでもっていくこと。

30日で人生を変える 「続ける」習慣』によると、習慣化には

「行動のモチベーションを上げ、続ける仕組みを作る」

ことが必要だそうです。

  • オーディオブックを聞きながら食器洗いをしてみる
  • iPadで好きな動画見ながら洗う

とか、少しでもモチベーションを楽しみながらできるような工夫を考えてみます。

参考

スポンサードリンク

シェアしてみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

山形出身28歳。本業はソフトウェアエンジニアだったりします。浦和レッズ / iPhone / MacBookPro / kindle / 読書 / ゲーム / WakeUp,Girls! / ブログ / マグカップなどが好き。