Kindle Unlimitedはお金の面よりも「自然に乱読になる」ところが良いんです

ソファの上からこんにちは。そふぁね(@sofa_ne)です。

先日Amazonが開始したKindleの対象本定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」。皆さんお使いでしょうか。
私も開始してすぐに登録しました。
月980円で本が読み放題ということで、「本を沢山読む自分にとってお得だから」という理由で登録した方も多いのではないでしょうか。

確かに今まで月に何冊も本を読んでいた方は、月額980で読み放題になると出費が大分減ると思います。が、KindleUnlimitedのいいところはそこじゃなくて「自然に乱読してしまう」ところにあります。

スポンサードリンク

乱読を自然に実現できるKindleUnlimited

以前このブログでもご紹介した『乱読のセレンディピティ』という本で以下のように説明されています。

やみくもに手当たり次第、これはと思わないようなものを買ってくる。そうして軽い好奇心につられて読む。乱読である。本の少ない昔は考えにくいことだが、本があふれるいまの時代、もっとも面白い読書法は乱読である。

せっかくだから沢山読んで得しよう、という発想が良い方にはたらく

自分が好きなジャンルにとらわれずに、手当たり次第に読む。
これを紙の書籍を購入してやろうとすると、ブックオフなどを利用してもそこそこの金額になります。
ところがKindleUnlimitedでは定額で実現できるため、「沢山読んだほうが得」という気持ちが湧いてきて、普段なら手にとらないような本を読む機会が増えます。

10冊制限のおかげで、読み捨てられる

乱読のセレンディピティ』では、「本はどんどん読み捨ててかまわない。」とも書かれています。
本を大事に読んで知識を溜め込む「知的メタボリック」になるのではなく、忘れたら忘れたでかまわないので、どんどんインプットしながら忘れたり新たな発想を得たりするべき、という趣旨です。
KindleUnlimitedは、一度に読み放題登録できるのが10冊までと決まっているので、10冊を超えた分に関しては登録を解除する必要があります。つまり、本を読めば読むほど本が入れ替わって循環していく仕組みになっています。
この「解除すると再読へのハードルが上がる」「つまらないと思った本は積極的に解除しないと、次の本を登録できない」というシステムが「本をどんどん読み捨てる」という行動にとてもマッチしています。

まとめ:KindleUnlimitedでどんどん乱読しよう

1冊の本を大事に読み込むのもいい(それだけの価値がある本も少数存在する)のですが、やはり個人的には「乱読」をオススメしたいです。
そして乱読をするのに手っ取り早い方法がKindleUnlimitedを利用すること。
私も登録後は1日1冊に近いペースでガンガン読めています。そして定額だからということで、普段なら手を出さないような本を読むハードルが非常に低い。
KindleUnlimitedの話題はあちこちで触れられてますが、お得感よりも乱読。こちらに目を向けてみてください。

スポンサードリンク

シェアしてみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

山形出身28歳。本業はソフトウェアエンジニアだったりします。浦和レッズ / iPhone / MacBookPro / kindle / 読書 / ゲーム / WakeUp,Girls! / ブログ / マグカップなどが好き。