全Jリーグサポに言いたいこと #urawareds #antlers #jleague

ソファの上からこんにちは。そふぁね(@sofa_ne)です。

先日、浦和レッズ対鹿島アントラーズ戦を観に埼玉スタジアムまで行ってきたのですが、あまりに悲しいことがいくつもあったので、ちょっとブログで言わせて頂きます。

Jリーグの良いところは、お年寄りから小さな子供まで幅広い人たちが、自分のスタイルにあった方法で楽しめるところだと思っています。
それがおびやかされることを、どうしても黙っていられません。

一応断っておきますが、今回「全サポ」と言っていますが、実際にこうした行いをしているのはごくごく一部の人だというのはわかっています。
が、そういった一部の人に対して、サポーターみんなが「良くない!やめよう!」と言える、自浄作用が働くように「全員に」届いて欲しいと思っています。

スポンサードリンク

Jリーグサポみんなに言いたいこと

買っていない席に座るのはやめようよ

今回の浦和レッズ対鹿島アントラーズ戦。私は浦和レッズサポなので、「ホーム指定席」のチケットを購入してありました。
この日は試合前に予定があったため、スタジアム到着が試合開始ギリギリ。
当然急いで席に向かったわけですが、自分の購入した席には知らない人が座っていました。
もちろん席を間違えるということは、あります。なので「すみません、そこ私の席なんです」と伝えました。チケットも見せて。
普通だったら「あ、間違えてましたすみません」と言って、本来の席を探しにいくと思います。
ところが、そこにいた人は5〜6人のグループで来ているようで、「ごめんなさい」の一言も無しに「チっ、来やがったか」という顔でグループで横にずれたのです。
どういう買い方をしていたのかわかりませんが、少なくとも私が座るはずの席に座っていた人に関しては、自分が買った席でないと知りながら座って、観戦しようとしていたのです。
正直言って、「そこ私の席なんですけど」というのは、あまり気持ちのいいものではありません。
相手が聞く耳を持ってくれるだろうか。後で何か揉めたりしないだろうか。そんな不安を持って指摘します。
サッカー観戦という場で、特に指定席で試合やスタジアムの雰囲気を楽しみに来ている層にとっては、試合前から大きな負担となります。

本当に間違えていたのであれば、素直にごめんなさいして移動すればいい。
でも、「この席空いてるんじゃないか」と思って勝手に座ってしまうのは絶対にやめてほしい。

アウェイサポはホーム指定席に来ないでよ、そして応援しないでよ

座席の件で試合開始前からなんだかモヤっとさせられたところに、さらなる追い打ちがありました。
それは、浦和レッズのホーム指定席にも関わらず、鹿島アントラーズのユニフォームを着用し、声を出し手を叩いて鹿島アントラーズの応援をするサポーターが数多くいたことです。

ここで確認しておきたいのが、ホーム指定席ではアウェイチームのサポーターの入場と応援はできないことです。
浦和レッズのチケット購入時の注意として、このように書かれています。

ホーム自由席、レッズシート、SA指定席、SB指定席、バックアッパー指定席は、浦和レッズの応援席です。ビジターチームを応援される方は、ビジター自由席またはビジター指定席をお買い求めください。

また、今回私が購入したチケットには以下のように印字されていました。(SA指定席です)

※浦和レッズの応援席です。鹿島アントラーズの応援はできません。

試合中は敵対するチームどうしのサポーターが、隣り合って座っていることはトラブルに繋がる可能性があります。埼玉スタジアムの場合は、両サポーター共通の席種はありません。

こうしたルールがあったにも関わらず、私の前、後ろ、左右と、ほぼ鹿島アントラーズサポーターに囲まれている状態です。
はっきりいって、そんな場所に居るのがつらい。
「試合に負けたから言ってるんだろ?」と思われるかもしれませんが、それ以前の問題です。本当に。

私はスタジアムに行って、選手を応援し、ダメなプレーをしたらブーイングをし、得点したら周りと一緒に喜び、失点したら悲しみ、そういったそこにいるみんなと感情を共有することを一つの楽しみにしています。

それが、自分たちの家である「ホーム」の席に、大量にアウェイサポーターが居る。
土足で上がり込まれた気持ちになりました。

今回と同じエリアの席では、過去

  • アルビレックス新潟
  • ヴィッセル神戸
  • 川崎フロンターレ

といったチームとの対戦を観戦してきましたが、
こんなにもホームなのに居心地が悪く感じたのは初めてでした。

ホーム指定席に来ているアウェイサポーターの中には、旗を振って応援する人がいる始末。
また、小さいこどもを連れて来ている親もいました。

マナーではない、「観戦ルール」を破っていることを、その子に説明できるんでしょうか?
本当に悲しいし、悔しい気持ちです。

今回は浦和レッズのホーム席にアウェイである鹿島アントラーズのサポーターが沢山居て、しかも応援していたということで、私も「鹿島サポは最低だ!」と思いました最初は
でも帰って落ち着いて考えてみると、ちゃんとアウェイ自由席のチケットを買って声がかれるまで応援し続けた彼らを、ホーム席で応援するような人たちと一緒にするのは良くない、という考えに至りました。悪いのはほんの一部。だけど一部のせいで全体が悪く思われてしまう。
それはレッズサポなら特にわかっていること。
だから、なおさら、今回の件は鹿島サポ同士が「そういうのやめたほうがいいよね」と言い合ってほしい。
また、レッズもそうですし、他のクラブのサポーターも、アウェイなのにホーム席に座って堂々と応援するような真似はやめて欲しい。
絶対にやめて欲しい。

人種差別、最低だよ。カッコ悪い。

そんな悲しい気分で帰っている途中にTwitterを見ていたのですが、浦和レッズのサポーターを自称する人物が、鹿島アントラーズのカイオ選手に対して人種差別発言をしたという情報が入ってきました。
こんなのってないですよ。
浦和レッズでは、去年ガンバ大阪のパトリック選手に対してTwitterで人種差別発言をしたということで、大問題になったことがありました。
いったい何を学んだの?と思ってしまいます。
カイオ選手に試合中いいようにやられたのは事実ですし、「あいつさえいなければ」とか、むしゃくしゃするところまではわかります。
が、それって黒人であることと何も関係ない。
リーグが、そしてサッカーというスポーツ自体が、積極的に人種差別をなくそう、良くないことだといっている中で、何をやっているのでしょうか。

もういい加減、人種差別でどうこうとかやめましょうよ。
本当にやめましょうよ。サッカー好きとか◯◯サポとか言う資格ないですよ。

まとめ

こんなにサッカー観戦で悲しいきもちになったのは生まれて初めてでした。
自分は子供ができたら親子でスタジアムに来て観戦するのが一つの夢です。
でも、今日みたいな状態だったら、正直連れてこられない。

もっと平和な、お互い安心して自チームの応援が出来るリーグであって欲しいです。

スポンサードリンク

シェアしてみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

山形出身29歳。本業はソフトウェアエンジニアだったりします。浦和レッズ / iPhone / MacBookPro / kindle / 読書 / ゲーム / WakeUp,Girls! / ブログ / マグカップなどが好き。