Macの中の使ってないアプリケーションをアンインストール【1日1捨その4】

ソファの上からこんにちは。そふぁね(@sofa_ne)です。
1日1捨を続けております。
ブログ書いてない日も何かしら捨ててはいるのですが、「その◯」はブログに書いた記事基準でやっていこうと思いますです。

さて、平日なので簡単に捨てられるモノを探してみましたが、ゴミの曜日の関係などでなかなか見つからず。
ここはデジタルな捨てを行うチャンスだと思い、Macに入れたもののあまり使ってないアプリケーションをアンインストールすることにしました。

スポンサードリンク

使ってないアプリケーションをアンインストール

選定基準

「◯日経ったら」のような基準は特に設けませんでしたが、

  • もう使わないもの
  • 使う見込みはあるが、再度入れればいいもの
  • 次使うときにアップデートしなければならず、最新版の新規インストールでもいいもの

といった点で選んでみました。

消したアプリ

皆さんもこの辺眠ってるかも?

  • Day One (日記は紙の手帳に書いている)
  • Visual Studio Code(出たての頃に入れたが、使ってない)
  • IntelliJ IDEA(Java等を最近書いてない)
  • emacs(最近使ってない)
  • OmniFocus(タスク等はTodoistで管理してる)

こうやって見てみると、ネットの情報見て「なんか良さそう」と思ったものの、実際使ってみたら継続しなかったパターンのモノが多いですね・・・。
試してみるまでは合う合わないは分からないわけで、あんまりネガティブに捉える必要は無いかなと思ってます。
そう思えるのも1日1捨の効果でしょうかね。

アンインストールはAppCleanerで

MacのAppStoreからインストールしたアプリは、iOSのアプリと一緒で長押し→バツマークで消せるのでOK。
その他個別にインストールしたアプリケーションは、AppCleanerというツールで削除しました。
関連ファイルを探してきて一気に消せるので、オススメです。

スポンサードリンク

シェアしてみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

山形出身28歳。本業はソフトウェアエンジニアだったりします。浦和レッズ / iPhone / MacBookPro / kindle / 読書 / ゲーム / WakeUp,Girls! / ブログ / マグカップなどが好き。