モレスキンノートブックツールベルトをしばらく使ってみましたが、正直微妙でした

ソファの上からこんにちは。そふぁね(@sofa_ne)です。

普段プログラミングのお勉強用に、モレスキンを使っています。

このノートはとても気に入っていて、あとは「合うペンケースが何かないかなー」と探していました。

スポンサードリンク

モレスキンノートブックツールベルトを購入して使うことに

そこで目をつけたのが、モレスキン用のツールベルトでした。

コレにペンを2つくらい挿して使えば、ノート一つを持ち歩くだけでオッケー。と考えたわけです。

装着した様子

MOLESKINEノートブックツールベルト1

こちらがツールベルト。ベージュを選びました。

MOLESKINEノートブックツールベルト5

こちらが実際にモレスキンに装着した状態です。
ペン2,3本なら余裕で入るので、非常に便利に見えますよね。ね。

MOLESKINEノートブックツールベルト6
こちらは下からみた様子です。
ペンを2本挿していると若干膨らみがありますが、バッグに入れておくのにはさほど邪魔にはなりません。

実際に使ってみると・・・残念ながら・・・

で、意気揚々と使ってみました。
最初の数日は良かったのですが、使っていくうちに不満が目立つようになりました。
不満というのが・・・着脱が大変なこと。

ツールベルト自体が

  • モレスキンのサイズぴったりに作られている
  • ベルト下部のゴムになっている部分が強力

であるために、着脱にものすごく手間取るんです。
手間がかかるだけならまだ良くて、着脱の際にモレスキンの表紙が曲がりそうになったり、それどころか、ツールベルトつけっぱなしだとノートの表紙が湾曲します。これは・・・よくない。

ここで「つけっぱなしで使ってみたらどうか」と思ったのですが、やはり書きづらい。
見開きの右ページにしか書かないというノート術の方ならOKかもしれません。しかし、左右両方のページに書く方は当然左ページに書く際に邪魔になります。

結論。ツールベルトは使わずにペンケースを使おう

コレに尽きます。
ゴム製のベルトでなく、ボタンで付け外しができるようなものならもっと使い勝手が良かったかもしれません。
しかしこのツールベルト、着脱がスムーズにできないおかげで「ノートに文字を書く」という行為に余計なストレスを生じさせてくれるので、正直使わないほうが良いと思います。
持ち物が2つになって面倒かもしれませんが、ノートの他にペンケースを用意して使いましょう。

5000円近くする商品なので、けっこう悔しい思いです。なので、同じ失敗をする方を減らすため、あえてブログに書いてみました。
購入する方は上記を踏まえた上でご検討ください。

スポンサードリンク

シェアしてみませんか?