その自信、本物ですか?『小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ』を読んで自己肯定感を高めるための方法について考えてみる

ソファの上からこんにちは。そふぁね(@sofa_ne)です。

突然ですが、長年「自己肯定感」が低いことに悩んできました。
一見自信がありそうに見えることもあるかもしれませんが、大体が虚勢。
そんなモヤモヤを抱えていたとき、たまたまAmazonでピンとくるタイトルの本『小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ』を見つけて読んでみたところ、自信の持ち方やブログを通じて自己肯定感を高めることなどについて考えることができました。

スポンサードリンク

本の概要

いつも「自信」だと思っているのは、本当の自信ではない

普段から、「自信」という言葉は特に意識せずに使っていると思います。
「あいつは自信過剰だ」とか、「自信がないなぁ」とか。
本書で言う「本当の自信」とは、いつも私達が「自信自信」言っているものとはちょっと違っています。

自信には二通りある

本当の自信、について考える前提として、この本では二通りの自信が出てきます。
一つが「Doの自信」。もう一つが「Beの自信」です。

Doの自信

Doの自信は、「◯◯ができる」とか「◯◯という成果を出した」ことによる自信。
こっちが普段私達が何気なく使っていることばの「自信」です。
今月の売上◯万円達成する自信がある、とか、彼女を振り向かせる自信がない、とか。
こういった自信は「今自分が出来ること」や「これまでにあげた成果」などによって持つことができますが、出来ていたことが出来なくなったり、成果がだせないと簡単に折れてしまいます。
これは本当の自信ではありません。

Beの自信

Beの自信は、「こうありたい」という気持ち、自分に対するそこはかとない肯定感や安心感のこと。
自分が「こうありたい」という姿勢を持っていることそれ自信に充実感を感じられれば、何かがうまくいった・いかなかったに左右されず、折れにくい。
Beの自信、という考え方が出てきたときには「あ、これ身につけたいやつだ」とピンと来ました。

本当の自信とは

二通りの自信が出てきましたが、DoがダメでBeが良い、というものではありません。

「BEの自信」に支えられた「DOの自信」は、人生を豊かにしてくれます。

自分が大切にしている「あり方(BE)」と一致した「行動(DO)」がとれたとき、はじめて「本当の自信」を感じることができるのです。

要はどちらの自信も大切で、Doだけの状態が良くない。ベースにBeがある上にDoを重ねることが大事なのです。

ブログを書くことで、本当の自信を得られるのではないか

さて、最初に「自己肯定感が低い」という悩みを書きました。つまり、私も本当の自信を持ちたいと思っています。
そのために、ブログが役に立つのではないかな、と読みおわってから考えてみました。
ブログには、自分の好きなことを書くことができます。つまり、自分がどうありたいかを文章で表明することができます。
ブログにして公開するということは、おそらく自分の頭の中だけで「こうありたい」と考えているよりも強い力を発揮するはずです。
そして後で読み返すことによって、自分の思いや進むべき方向を再確認できます。これは自分を肯定すること、安心することに繋がります。ここまでがBeの自信。
そして自分が書いた文章に対して反応があったり誰かを感化することができれば、それが成果、Doの自信となります。

何らかの思いを持ってブログを更新していくことで、Beの自信と、それに支えられたDoの自信。すなわち「本物の自信」が得られる。道がはっきりしてきました。

まとめ:ブログを通じて自己肯定感を得よう

アイコン
今回はブログと自己肯定感について考えました。
ブログを書いている方限定みたいな言い方になってしまいましたが、Doの自信とBeの自信という、本に書いてある考え方は万人にとって有用なものだと感じました。

私はこうしてブログを書きつつも、なんとなく楽しいからとか、収入が得られるからといった程度で書いてきました。
自己肯定感を持って、安定感のある人間になりたいなぁというこの思いを実現するために、ブログを使えばよかったんですね。

自分がどうありたいかというのを考えて、ブログに反映させていこうと思いました。

スポンサードリンク