【ドイツ旅行記 その3】 レジデンツとアリアンツ・アレーナツアー

新市庁舎朝
どうもー、サッカー大好きそふぁね(@sofa_ne)です。

ドイツ旅行記その3となる今回は、3日めに行った「レジデンツ」と「アリアンツ・アレーナ」を主にご紹介。

この日はミュンヘン→フランクフルトの移動日。夕方の電車(新幹線みたいなやつ)でミュンヘンを出るので、朝と昼過ぎに観光しました。

上の画像は、前日に悪魔城みたいだった新市庁舎。朝見ると怖さが薄れて荘厳な感じになっていますね。
新市庁舎のコイキング
完全にオマケですが新市庁舎の前にはコイキングみたいなのがいました。

スポンサードリンク

レジデンツ観光

まずはミュンヘンのレジデンツに行きました。

かつての王宮で、今は博物館や劇場として使われているそうです。今回は博物館部分に行ってきました。
レジデンツ外
左半分が博物館になってたみたいでした。みたい、というのは「中に入ってみたらめちゃくちゃ広くて自分がどの辺にいるかわからなかった」のです。一応矢印でルートは示してあるのですが、本当に広くて。
レジデンツ中1
ホールっぽいところ。日本の建築とはまた違った種類の細かさ。前日のお城でも思ったんですが、本当に細かい。
レジデンツ中2
たぶん日本のお城とか伝統的な建物も、ちゃんと見るとすごい技巧的で細かくて、声が漏れるような作りになってるんだろうなぁと。たまたま自分が外国に来ていて普段見ないものを見てるからその細かさに目が行くんだろうなぁとか、そんなことを考えていました。
レジデンツ中3
元が王宮ということで、沢山の部屋がありました。ベッドルームとか、教会のようなスペースとか。
良かったのがこのレジデンツ、写真OKなんですね。部屋数も多いし写真もOKだしで、「午前つぶすかー」くらいの感覚で行くとそのボリューム感に圧倒されます。もしちゃんと見たいなら、それなりの時間を確保して午後から行くといいと思います。

電車にのってアリアンツ・アレーナへ

レジデンツを昼前くらいに出て、電車に乗ってアリアンツ・アレーナへ。
アリアンツ・アレーナとは、世界でも有数のサッカークラブ「バイエルン・ミュンヘン」のスタジアムです。
ドイツで行きたいところどこだろう・・・と考えたとき、真っ先に出てきたのがここでした。
アレーナ駅
最寄りのFrottmaning(ホントはoの上には点がついてます)に着くと、看板にはサッカーボールのマークが。非常にわかりやすいですね。
アリアンツアレーナ外
歩いて15分くらいでスタジアムへ。
といっても、駅を降りたときからスタジアムは見えてます。
これがすごく良くて、いつも埼玉スタジアムに行くときと一緒。駅からの道でスタジアムがだんだん近づくにつれて気分が高まるあの感じ。サッカースタジアムって本当にいいものですね。中に入る前から大はしゃぎでした。

アリーナツアーに参加

ここに来た一番の目的は、「わーおおきい」と眺めるためではありません。
アリーナツアーという、観光ツアーに参加するためです。このツアーではガイドさんが中を案内して解説してくれるのですが、その際に選手たちのロッカールームにも入れるんですよ。ロッベンが使ってるロッカーを観にいけるんですよ。すごくないですか?
アレーナチケット
とりあえずアリーナについてすぐにチケットをゲット。
ツアーまで若干時間があったので、することといえば食事と・・・
メガストア
お買い物。
バイエルン・ミュンヘンの公式ショップの「メガストア」です。
ミュンヘン市内のもショップはあったのですが、スタジアムで行くからと我慢。
ところがコレが失敗で、事前に市内のショップにも行っておけばよかったです。
市内のショップならホテルが近いのである程度の重さとか大きさがあるものでも買えますし、メガストアはそれなりに賑わっていて、ゆっくり見られませんでした。

このあとのアレーナツアーですが、最高でした。
最高でしたという一言で済ませているのは、「写真の利用に関する注意」があったからです。
早い話が「プライベート利用は可だけど、商用とかはダメだよ」ということで、ブログにアドセンス貼ってるこのブログはプライベートの範囲かわからないから、です。
内容については別記事にまとめますので、そちらお楽しみにということで。

そしてフランクフルトのホテルへ・・・

アイコン
このあとフランクフルトに移動したのですが、新幹線的なやつが途中でとまる(しかしアナウンスはドイツ語でしかされない)というアクシデントがあってヒヤヒヤしたり、フランクフルト中央駅から20分くらいいったホテル最寄り駅あたりで迷ったりとアドベンチャーがありました・・・。
一応無事ホテルにも着けて、この日は即寝。
そして実はこのホテル、かなり良い感じの変わったホテルなのです・・・!その辺はまた次の記事にてご紹介。
それではまた次回。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

山形出身28歳。本業はソフトウェアエンジニアだったりします。浦和レッズ / iPhone / MacBookPro / kindle / 読書 / ゲーム / WakeUp,Girls! / ブログ / マグカップなどが好き。