じぶんの方向性や感心事を知るために、「じぶんへのタグ貼り」をしてみた

By: JD Hancock


どうも、最近「生き方」とか「思考・志向」とかについて考えるそふぁね(@sofa_ne)です。

私は今のところ独立や企業する予定は無いのですが、とある記事の「自分のバリューの棚卸し」というものに惹かれました。

私は自分のバリューの棚卸しはやったことがないのですが、以前読んだ『パーソナル・マーケティング』に出てくる「自分にタグを貼る」に近いなーと感じました。
なので、この「タグ貼り」と「バリューの棚卸し」をミックスさせてやってみようと思い立った次第です。

スポンサードリンク

自分にタグを貼るとは?

本田直之氏の本に出てきます。

単語で自分の目標や方向性、強み、関心事といったものをリストアップすることを、私は「自分にタグを貼る」と言っています。(中略)ポイントは、文章で考えようとしないこと、そして、表現やジャンル分けをきっちりやろうとしないことです。断片的なものでオーケーです。

読んだときは「へー面白そう」で止まってた(良くないですね・・・)ので、いい加減やろうと思い立ちました。
先に紹介したバリューの棚卸しの記事だと、ヒトやモノなど7つのポイントに分けて棚卸しをしていました。

しかし、タグ貼りではジャンル分け等を特に意識せずポンポンと書くことを重視しています。

そこで、今回は

  1. まずタグを列挙する
  2. タグを分類・整理する
  3. バリューの7つのポイントに振り分ける
  4. 挙げられていない、数がすくないバリューについて再考・補完する

という順番でやっていこうと考えました。
今回の記事では2.タグの分類・整理までやります。

じぶんへのタグ貼りをやってみた

実際やってみた結果がこちらーです。

じぶんのこと WorkFlowy
なお、タグ貼りにはWorkflowyを使って見ました。私にとってのworkflowyはこういった「思考のテンポラリスペース」とでも言うべき場所です。Workflowyについて気になる方はクラウドアウトライナーWorkFlowyの説明を読んでみましょう。

閑話休題。

貼ったタグを全部お見せすると縦に長過ぎるので、適当なところで切りました。
こんなカンジで本当にあれもコレも挙げていく「タグを貼る」作業。5,6分ですが、楽しかったです。
タグを見てみると、今までこのブログに書いてきたことも結構多かったです。今まで「ブログに自分が出てないなぁ」と思っていたものの、以外とそうでもなかったみたいですね。

次に、列挙したタグを分類&整理してみました。
タグリスト WorkFlowy
一旦バリューのポイントは忘れて、単純に出てきたタグで似ているものをまとめて、必要があれば上位のタグを作って整理しました。

まとめ:タグを貼ったらヒントが出てきた

アイコン
自分のバリューの棚卸しの前段階として、自分にタグを貼る作業をやってみました。
好きなことや気になることなどがズラっと出てきたわけですが、最近悩みつつあった「ブログのこと」とか、「自分の好きなことや志向についての迷い」みたいなものを解消するヒントが出てきた気がします。
例えば趣味の中に「読書」がありますが、ここの下階層が出てこなかったのです。
読書を掘り下げる何かを手に入れれば、もしくはタグとして自覚できれば、もっと楽しいことが起こりそう。

また、自分の目指すライフスタイルとして「ミニマル」だったり「複業」、「北欧」なんてタグも出てきました。こちらも、なぜ目指すのか、何が魅力だと思っているのかを深堀りしてみると、楽に生きるのに役立つ何かが得られそうです。

今回Workflowyを使ってタグ貼りをしたので、もっと深堀りしたい、タグを増やしたいと思った場合にもすぐ対応できます。便利。

次回は今回貼ったタグを元に、いよいよ「バリューの棚卸し」の段階に入ってみようと思います。

スポンサードリンク