自分がブログで何をしたいのか、なんとなくわかった気がしたよ

By: Christian Schnettelker


どうも、ここ最近自分のブログについてなんとなくモヤモヤしていたそふぁね(@sofa_ne)です。
このブログを書き始めて2年とちょっと。
一時期は毎日ブログを書いていたりもしましたが、最近ではその頻度も少なく・・・。ブログに割く時間というのは、自分の生活の変化や仕事の忙しさにも左右されるので、ここは仕方ない部分でもありますが。
更新が減った一方で、ブログのPVや収益の方は着実にのびています。
過去に書いた記事=種が土から芽を出して、小さい花が咲き始めてきたのでしょう。これも、すばらしいことです。

でも、でも。

何か「ブログと自分がピタっとハマった感」が無い。
このまま惰性でなんとなく書いていけば、PVも収益もそれなりに上がっていくかもしれない。
でもそれじゃつまらない。

↑こんなふうに思うようになってしまいまいした。
なんでしょうね、まるで自分探しを始めた大学3年生みたいな状態です。ブログ大3病です。

このままだとモヤモヤしていて良くないので「何かを変えよう!」と思ったわけです。

スポンサードリンク

漠然と「こんな感じいいなぁ」と思ったブログがありまして

いつもお世話になっているQtaroさんのブログ「Room9」を読んで(正確には、この時点では「見て」)、「ああ、こんな感じのブログいいなぁ」と思ったりしました。1

Room9を改めて見てみて、

  • 広告とかぴよたそバナーとか、比較的賑やかだけどうるさくない。まさに雑誌を見てる感じ
  • 技術系の記事だけでなく、思ったこととか「自分自身」にフォーカスした記事もある。が、全体バランスが崩れてない

のがいいなぁと思いました。「そうそう、こんな感じになりたい!」と素直に。
ただ、このときはまだ表面しか見てなかったんですよね。

こんな風になりたいとつぶやいたら、ご本人からのアドバイスが。

Twitterで「Room9みたいなブログがいいなぁ」とつぶやいたら、最終的にQtaroさんからアドバイスをいただけました。


正直思いましたよね、やっぱり「やりたいこと」かーって。

「やりたいこと」ってものすごく難しい

私には「やりたいこと」ってものすごく難しいんですよね。
やりたいことが明確な人ってすごいですよ。

ブログの運営とか、何を書けばいいかみたいな話って、ココに行き着くことが多いと思います。
でも、「なんとなくブログカッコイイ」という気持ちで始めた自分にとって、「やりたいことってなんだっけ」でいつも行き止まり。

やりたいことを考えて考えて、そうしてようやく掴んだヒント

このままいつも行き止まりでは面白くありません。
そろそろ壁突き破って前に進みたいです。

そんなわけで、本とかブログとかいろんなモノ、今まで読んだものもまだ読んだことの無いものも含めて色々インプットしてみました。
そうしたら、いくつかヒントになるものがつかめました。

文章は、自分を知るためのもの

ヒントの一つをくれたのが、この本。

世のブログの多くは、文章がメイン。
文章の書き方みたいな本だから何かヒントがあるといいなぁと思ったら、「まえがき」にいいコトが書いてありました。

文章とは、あなたの心のなかを発掘し、かたちにするものです。つまり文書を書くことは、あなたという人間を見つめなおし、創造しなおすことなのです。
書きたいのに書けない人のための文章教室 P13

今まで私が見てきた「ブログの書き方」は「ブログには好きなことを(情熱を持って)書け!」というものがほとんど。
好きなことをブログに書く、という順番でした。
でも、この本で書いてあったのは逆。
自分が文章に(私の場合はブログに)書いて、その「書かれたものごと」が好きなこと。
たぶんどちらが正解とかはないのですが、自分にとってしっくりくるのは後者でした。

悩みぬいて「好きなこと」をひねり出して書かなくてもいい、気の赴くままに、ある意味「まだ言語化されていない気持ち」に動かされて書いたブログそのものを通してやっと、自分の持っていた気持ちがわかる。

書くことで成し遂げたいことは難しい、書く理由はシンプル

もうひとつのヒントをくれたのは、これまたQtaroさんのブログ記事でした。

記事の「まとめ」に書いてあるのですが、書くことで成し遂げたいことは流動的で難しい、一方で「なんで書きたいのか」はシンプルであると書いてありました。
これも私の視界をスッキリさせてくれたことば。

ブログ書いて何をしたいの?みたいな、「成し遂げたいこと」が明確でないとダメだという謎のセルフ強迫観念を持っていました。
でも、そこまでガチガチに考える必要なかったんですよね。
私がこのブログを「なんで書きたいのか」を考えてみると、確かにシンプル。

ブログを書いていると、面白いことが起きるから

に尽きます。人との出会いとか、新しい発見とか。
今後はコレに加えて、先に紹介した本で読んだ「自分を発掘したいから」も目的の一つになりそうです。

ブログは自分のプロフィール帳

もうひとつヒントになったのが、私のサッカー好き仲間でモブログ女王の本。

この本では、「ブログは自分のプロフィール帳」と書いてありました。
これも、「ブログでやりたいこと」につながるなぁと、読みながら感じるところです。

情報を発信することこそが最も大切です。その情報が誰の役に立つかは知る術もありません。コンテンツに悩んだらまずは自分の好きなことを書いてみてください。私のブログはコンテンツを絞らず、何でも書く「総合ブログ」です。好きなことを思う存分、好き勝手に書くブログメディア「あかめ女子のwebメモ」。ブログを自身の「プロフィール帳」と位置付けて書いています。
– モブログの女王がおしえるiPhoneブログ術 P51

「好きなことを書く」は一旦置いておいて「書いたことが好きなことだ」と思うようにし始めた私。
書いたことを通して自分自身を知ることができるのと同時に、他人に対してのプロフィール帳もなるブログ。
最初にRoom9がなんかいいなぁと思ったその時、見えていたのは見た目だけでした。
でも、「プロフィール帳」として再度Room9を読んでみると、なるほど確かに、書き手であるQtaroさんの「人」が見えるブログです。「なんか」いいなぁと思ったその「なんか」は、おそらく人となりがブログを通じて見えてくるところだったんだと、気づきました。
ちなみに、Room9のプロフィールページはブロガーなら読んどけってくらい、参考になりますよ。

私がブログでやりたいこと

ヒントからまたいろいろ考えて、やっと私がブログで「やりたいこと」が何となくわかりました。
一つが、自分自身を知ること
もう一つは他人に自分を知ってもらうこと

行動としては大きくは何も変わらないでしょう。今までと同じく、自分のペースでブログを書くだけです。
でも、持ってる意味合いというか、何を考えてブログを書くかみたいなものが変わってきそうです。

自分を言語化する。あわよくば他人のも。

ブログを書くことで自分のことを知ることができるんだ、そういうことに気づいた、と書きました。
実は今までもコレ、やってるんですよね。意識せずに。
自分の中でモヤモヤとした気持ちを抱いていたものを、ブログ記事として文章にする。そうすることで、「ああ、自分はこう思ってたんだ」と気づいたり、書いているうちに「こうすればいいんじゃないか」と解決方法が浮かぶ場合もあります。

この「自分の気持ちを言語化する」ことでメリットがあるのは自分だけじゃなくて、読んだ方にとってもメリットがある場合も。
以前書いた記事では、Twiter上でいくつか反応をいただきました。


読んだ方がモヤモヤしていたことを私が言語化した、かどうかはわかりませんし言いませんが、読んだ方に「何かを感じさせられた」とは思います。そして、それってすごく嬉しいことです。

こんな風に、自分の考えてることなどをブログの記事にして自分のことを知りたいというのがやりたいことの一つです。そして、読んだ人にも何か感じ取ってもらえたりしたらなお良し。

自分のプロフィールとしてのブログを作って、周りに自分を知ってもらう

最近では浦和レッズの試合を観戦した記録なんかも書くようになりました。
初めて会う人やネットでしか話したこと無いような方にも、自分がどんな人なのかを知ってもらうきっかけになるようなブログを作りたい。改めて思いました。
今までだと「ブログに何書こうかな」と思ったときに、「何か役に立つことを書かないと・・・・」と気負ってしまうケースもありました。もちろん周りの役に立つことを書くのは素晴らしいことなんですが、それだけを目指してブログが楽しくなくなったら本末転倒。
役に立つ記事もいいけど、自分のことが出る記事(今のカテゴリで言うと「考え」とか)をもっと書いてもいいなと、思いました。

改めて「ネットの中のソファ席」を目指して

アイコン
今回は「自分がブログでやりたいこと」を再考してみました。
ここに書いたことで完璧でもう迷いはない、とは思いません。またモヤモヤが訪れるときが来るかもしれません。
ただ、今回考えた内容というのはこの先もある程度変わらない軸になると思っています。
自分を知って、自分を知ってもらうこと。それを楽しみつつやれるのがこのブログ。
この先、このやりたいことがもっと具体的に定まっていけばなお良し、もしそうでなくても、迷った記録そのものが自分のログであり、その時点の自分をよく表していると思えば良し。

自分のことを知るためには、焦って動き回っていてはたぶんダメで。ゆっくり、落ち着いた状態になるべきですよね。そう、ソファ席にいるように。
これからも、落ち着いて読めるブログ、読むとちょっと良いことがあったり、考えさせられたりするブログ。
そんな「ネットの中のソファ席」を目指して、書いていきます。

  1. 完全に脱線ですが、ひとのブログを呼ぶときってブログ名に「さん」とかつけるんですかね。 []

スポンサードリンク

By: Christian Schnettelker

シェアしてみませんか?