仕事が辛すぎて頭おかしくなりかけたけど逆に人生のテーマが見つかった話

By: Umberto Salvagnin


お疲れ様です疲れました(´・_・`)毎日こんな顔文字で夜愚痴っていたそふぁね(@sofa_ne)です。
仕事がうまくいかず、残業時間もかなりかさんでいて、自分の時間が取れない日々が続きました。あ、ここで「自分の方が忙しい」とアッピルするのは禁止で。
で、打たれ弱い私はそんな毎日に疲弊して、家族にまで迷惑かける始末でした。

そんなとき突然、今までいくら探しても見つからなかった人生のテーマが降りてきたのです

スポンサードリンク

楽に生きたい

「あ、自分、楽に生きたいわ」と突然思ったのです。
楽して生きたいじゃなく、楽に生きたい。
ストレス耐性も低いし、怒りっぽいし、他人とのコミュニケーションもそんなに好きじゃないじぶん。本当にこの世界生きにくいなぁと思っていました。
だからなんとかして、もっと楽に生きることを目指すことにしました。しましたというか、なりました。自然とそうなったのです。いつの間にかそうなったのです。

そうなると、行動やブログのテーマも決まり始める

人生のぼんやりした方向性、楽に生きる。これが決まったことで、普段の行動やブログのテーマが決まりました。
何かモノを買うにしても、何か決断するにしても、「どっちが生きるの楽になるか」という基準ができた気がします。
これまたぼんやりしていたブログのテーマも、「楽に生きるにはどうすりゃいいのか」とか「こうしたらちょっと楽に生きれた」といった、自分なりの工夫や経験談を書いていけばいいんだーとわかりました。
みんなが「ブログにはストーリーを書け」とか「人間性を濃く出せ」みたいに言ってたのはこういうことだったのもしれないと気付きました今更。でもよくよく考えてみたら、ソファに寝ながら過ごすのはかなり力の抜けた、楽に生きてるスタイルを体現しているような気もして、「答えは自分の中にあったッ!」というような、「船は2隻あったッ!」みたいな言葉がよぎりました。
そんなわけで、もしかしたらブログ名とか見た目とかもちょこちょこっと変えて、方向性を打ち出すかもしれません。

『楽に生きる』よりもっと的確な表現を求めて。

楽に生きる、という表現には実はしっくりきていなかったりします。
手を抜くとか、本気にならない、頑張らないといった意味での「楽して生きる」と混同しそうです。
そうではなくて、もっと「ゆるく」とか「ストレスフリー」に近いような印象。でもそれらとも違う。
何か「これだ!」って表現がないか、探してます。候補あったら教えてください。
・・・楽にいぎたいっ!

スポンサードリンク

By: Umberto Salvagnin

シェアしてみませんか?