来年の手帳はコクヨのダイアリーで3冊スタイルにしてみます。

2015の手帳
来年の手帳について考え始めると、ワクワクしますよねー。
特にモンハン&ブログともだちのこっこ(@cocco00)さんの記事、

に影響されて手帳の本を読んでからというもの、「来年はもっと楽しむぞ―」と鼻息を荒くしていました。

スポンサードリンク

本を参考に、来年の手帳を選ぶ

手帳を武器にするにはマンスリーとバーチカルが良い

こっこさんの記事で取り上げられていた本。

この本によりますと、手帳はマンスリーとウィークリーがあるもの、特にウィークリーのほうはバーチカルという並びが良いということでしたので、これを取り入れようと考えました。・・・が、ここで一つ心配事が出てきました。

お気に入りの手帳カバーが使えない?

今年はほぼ日手帳を使っていた私。特にコチラの記事で書いたカバーがお気に入りで、どうしても使い続けたいのです。

でも、ほぼ日はマンスリーと1日1ページの手帳。ウィークリーバーチカルなページは無いのです。かといって、ジブン手帳等々他の手帳では、お気に入りのカバーが使えない。
なんとかA6(文庫本)サイズでマンスリーとウィークリーバーチカルが実現できないものか・・・そんな思いを募らせていたところに、救世主が現れました。コクヨさんです。

コクヨのダイアリーなら条件を満たしてくれる

コクヨのダイアリーには、A6サイズのマンスリーと、A6サイズのウィークリーバーチカルが存在するのです。これを、お気に入りのほぼ日カバーの両サイドに入れてやれば・・・完璧じゃないですか。

マンスリーノート

Campusマンスリー1

限定デザインだそうです。カワイイモノが好きなので、ついついポップなモノを買ってしまいました。
Campusマンスリー2

外はポップでも、中はスタンダード。
A6の割にはゆったり書けそうなスペースもありますし、左側には毎月の目標やTODOなどを書くとよさそう。

ウィークリーノート

Campusバーチカル1

こちらは限定でもなんでもないフツウのデザイン。表紙にはマンスリー限定と別の紙が使われていますね。
Campusバーチカル2

中は一週間が見開きになっていて、1時間ごとに横線、30分ごとに点が入っています。グーグルカレンダーみたいに一週間を視覚的に捉えることができて良いですね。
朝活派の方が気になるであろう何時から線が引いてあるかですが、写真だとちょっと見づらいですね。6:00から線があります。夜のほうは、数字は22:00までしかはいっていません。書こうと思えば25:00までの分が書けます。

加えてもう一冊、メモ帳兼ネタ帳

CamiApp1

上の2冊で手帳としての基本的な部分はカバーできていますが、個人的にはもう一冊、なんでも帳が欲しいところ。今までほぼ日を使っているときには、毎日頭に浮かんでくる考えやブログのネタなんかをその日のページに書いてきました。
ところがこの使い方だと、考え自体が過去の日付の中に埋もれていってしまっていました。
これを解消するために、ネタはネタとして1冊のノートにまとめてしまいたい。そしてEvernoteにためていければ最高。そんな望みを叶えてくれるのが、同じくコクヨさんのCamiAppのA6サイズノートだったわけです。ナイスですねぇ。

手帳の使い方の想像は広がるばかり。はやく使い始めたいです。

アイコン
せっかく買ったはいいですが、使い始められるのは来年になってから。はやく3冊運用を始めて、使いやすいようにいろいろカスタマイズしていきたいところ。
3冊だと面倒かな・・・という不安も無いことはないですが、むしろ

  • メモ兼ネタ帳をどんどん入れ替えていける
  • ひとつ一つが安い

などのメリットのほうが大きいのでは、と予想。
もし来年の手帳で迷っている方がいらっしゃれば、ジブン手帳・ほぼ日・トラベラーズノートなどなどの影でこっそりと、コクヨのダイアリーを使ってみるのもアリかもしれませんよー。

スポンサードリンク

シェアしてみませんか?