マグネット付電源タップでコードをデスク裏に隠すとスッキリ。

d47bc506c8911c6d3b67209f3686e810.JPG

延長コード1
先日無印良品のデスクを部屋にお迎えしました。

その下にパソコンを配置したわけですが、ここで悩みのタネになったのが配線です。
パソコンの周りでは、スピーカーやらディスプレイやら無線LANアクセスポイントやら、コンセントがたくさんなのです。
これを上手いこと隠すため、今回はマグネット付の電源タップを購入しました。

スポンサードリンク

マグネット付電源タップで、デスク下の配線をスッキリさせる

今回購入したのがこちらの電源タップ。

パッケージと中身

延長コード2
パッケージはこんな感じです。おすすめ品のシールが貼ってありますね。
延長コード3
開封しました。
タップの裏にはマグネットが2つ付いていて、比較的強力そうです。
延長コード4
このタップには差し込み口が合計5つ。(7つのモデルもあります)
片面に5つ並んでいるのではなく、片面に2つ、もう片面に3つの計5つとなっています。

デスクに設置した様子

無印のデスク、脚が金属製なので、マグネットがちょうどいい具合でくっついてくれるのです。
付けた様子がこちら。
延長コード6
デスクのフレーム裏にピタッと設置。タップの両面にプラグをさすことが出来るのでスペースは若干とります。逆に双方向から挿すと重さのバランスがとれて、その点は良さそう。
延長コード7
別アングル。普通のプラグであれば5つ全部挿しても大丈夫そうです。
マグネットがどのくらい重さに耐えられるのか気になったので、MacBookAirのアダプタを挿してみましたが、大丈夫でした。
ただし、コードに自分の足をうっかり引っ掛けたりすると、外れます。(1回やっちゃいました)
この工夫で、机の下はだいぶスッキリしました。
延長コード8
PCの裏部分をもう少しまとめたいところですね。コードを巻き付けるグッズか何かで攻略したいと、もくろんでいます。今後にご期待ください。

コード類はなるべく隠してお部屋をキレイに。

アイコン
前に住んでいた家ではコードが散乱していて、見た目にも良くありませんでした。
見た目だけならまだいいんですが、コードが散乱していると「掃除がしにくい」というデメリットがありました。おかげで髪の毛やホコリが溜まりがちで、思い出すだけで後悔・・・。そんな失敗は繰り返すまいと、今回は設置時に工夫をしてみました。
マグネット付の延長コードを買ってくるだけなので、特別な工夫は必要ありません。
お使いのデスクにマグネットがくっつくようであれば、ゼヒお試し下さい。

スポンサードリンク

d47bc506c8911c6d3b67209f3686e810.JPG

シェアしてみませんか?