いいカメラを持ち歩きたくて、RICOHのGRを購入しました

215ce3810d5619987ee3e7fd9e3c5664.JPG

GR1
写真についてはド素人の私ですが、ブログを書いている身なので写真を撮る機会は多いです。
綺麗な写真が撮りたいと思って普段はNikonのD3100を使っています。が、残念なことに一眼レフカメラってなかなか持ち歩かないんですよね。カメラ詳しくて大好きな方々はヒョイっと持ち歩いちゃうのかもしれませんが、私は「重い・・・」といって、完全に自宅内専用機に。
そんな状態だったので、2013年のはじめごろには持ち歩けるコンデジが欲しいとNikonのCoolpixを購入しました。

こちらもそれなりに使ってて、さほど不満もなかったのですが、なんだか素敵な写真が撮れるカメラがあるというウワサを聞きつけて、今回RICOHのGRという別のカメラを入手してしまいました。

スポンサードリンク

RICOHのGR

GR2
外観はこんな感じ。一眼レフとはちがい、レンズ交換はできないコンパクトなデジカメです。
といっても、普通のコンパクトデジカメと比べると大分「イイ奴」です。
詳しい説明は他に譲るとして、簡単に言うと「一眼レフくらいすごいのがこのちいさいボディに入っている」んです。
気になる写りについてはこちらの公式サイトの「作例」をご覧ください。

小回りがきくのが魅力

GR3
サイズ比較のために、iPad miniの上に置いてみました。
幅はiPad miniより一回り小さいくらい。高さは1/3くらいです。
これより小さいコンデジはたくさん有りますが、性能を考えるとこの大きさは魅力的。
また、電源を押してから実際に撮れるようになるまでが短いのもGRの良いところです。
サイズともあいまって、撮りたいときにサッと出して撮れるのが魅力です。一眼レフだとなかなかこうはいきません。

設定を自分好みに細かくいじれる・・・らしい

GR4
ボタンへの機能割り当てができるので、自分の使い方に合わせた細かい調整ができる・・・らしいです。ネットで見ました。
このへんはまだ使ってないので、よくわかりません。徐々に慣れていけたらと思っています。
説明書にもいろいろ書いてあるのですが、写真付きのわかりやすい解説書が欲しいと思い、別に注文しました。

届いたら熟読ですね。

GRで撮った写真はこんなカンジ

以下の記事では、GRで撮った写真をつかっています。素人が撮った場合の写りの参考に、どうぞ。

もっと手軽に写真を残したい

アイコン
自分の周りには詳しい人が多いこともあって、どこかハードルが高かった写真。
詳しくなれるのならばそれに越したことはないのですが、もっと気軽にパシャパシャ撮ってもいいのかなと、思い始めました。
上手い下手にこだわらずに楽しく撮れたら、毎日もっと楽しくなるかも。

スポンサードリンク