Evernoteに、なりたい人間像を集めた「なるにはノートブック」をつくる

evernote.jpg

前回のつづきです。

Evernoteを利用して「なりたい自分」に近づこう、という取り組みの第二弾。
前回の記事で作成した「こんな人間になりたいノート」に書きなぐった「なりたい人間像」を発展させていきます。

スポンサードリンク

なるにはノートブックをつくる

前回の「こんな人間になりたいノート」に箇条書きにした「なりたい人間像」を、こんどは「なるにはノートブック」の中に1項目1ノートとして作りました。
Evernote Premium 2

ノートの中に、実現するための方法を書いていく

なりたい人間像を一つのノートに書いたら、その中に「実現するにはどうしたらいいか」をつらつらと書いてみます。
例だと、私がなりたいのが「勉強が捗る人」。そんな人間になるために必要だろうなぁと思ったのが

  • 時間の使い方上手になる
  • 勉強が捗る環境づくりをする
  • 到達点をはっきりさせる

こと。
で、またそれぞれを達成するためには・・・という作業を繰り返していって、最終的に具体的な項目、すぐ行動でいる項目まで落としていきます。GTDみたいですね。

タグを使って、なりたい度を☆5段階でつける

もう一つ考えたのが、なりたい自分の優先度。
私は飽きっぽいので、あれこれ手を出しては達成できずに終わることが多いです。・・・むしろ最後までやり通したことあったっけ?ってレベル。
そんなわけで、どんな自分から目指していくのかの優先度をつけることにしました。
優先度はノートにタグをつけて管理します。
タグは「なりたい度:☆」から「なりたい度:☆☆☆☆☆」までの5段階。
☆が多いほうがより優先して目指したい人ということになります。

ゴールは自分マップをつくること

アイコン
前に書いた偏愛マップに近いかもしれません。

自分のなりたい像、また自分はこんな人間です・こんなことができる人間ですという像を、マップという形にしたい。そうすれば、なりたい自分の目標に対して、自分の現在地がわかります。
Evernoteで「なるにはノートブック」を作りました。しばらくコレを書きながら、自分のこと考えてみます。

スポンサードリンク

evernote.jpg

シェアしてみませんか?