昔からの友人に「久しぶり!今何してんの?」と言われない自分をつくる

By: Yogendra Joshi
先日、友人の結婚式に出席してきました。
中学や高校時代の懐かしい面々、「おー!ひさしぶりー!」なんて言いながら再会して、楽しいひとときを過ごしてきました。
久しぶりに会う面々なので、それぞれ今どこで何をしているのかなんて、わからないわけですよね。そこで、ふと思ったわけです。
スポンサードリンク

「何やってんのー?」と聞かれない自分をつくりたい。

数年ぶりに会う友人なので、お互い何やってるのかは知らなくて当然の間柄・・・、と思うじゃないですか。
でも、そこをちょっと見方を変えて、数年ぶりに会う人が自分の今を知ってるように出来ないかなと考えました。というのも、それが生きていく上ですごく大事なことのように思ったからです。

○○の人で認知されたらいろいろ便利

数年ぶりにあった友人たちの中には、Facebookの友達も含まれていました。
そうすると、Facebookに書いていることはその相手には伝わっているわけですよね。
例えばもし、自分がFacebookに上手にとれた写真をアップロードし続けて、「写真が上手い人」と認知されたとします。
そうしたら、そこから新しい何かがうまれてくるかもしれません。それこそ「結婚式で使う写真撮って!」と頼まれたり。

ブログ以外でも「自分を出す」

私はこうしてブログを書いている身なので、「自分はこういうことに興味があるよ!」「こんなことができるよ!」ということを発信しようと思ったら、ブログに書けばいいわけです。
とはいえ、ブログ以外、例えば上で挙げたFacebookなどで「個人(実名)」として自分を出していく必要もあると思っています。
ブログを書いていると勘違いしがちですが、他人のブログを積極的に読んでない人ネット自体ほとんど見ない人も沢山います。
そういった方々にも自分をアピールしようと思ったら、やっぱりブログだけじゃダメなんですよね。
自分が「実名」と「そふぁね」を分けているので特に、自分の出し方についてもっと考えていこうと思いました。

そもそも、直接会う機会を増やそう

ついつい悪いクセで、ネット上でどうするかばかり考えてしまいそうになりました。
久しぶりに会うから何やってるのかわかってもらってないなら、ちょくちょく会えばいいんですよね。

昔からのつながりも、大事にしたい。

アイコン
ブログを書き始めてから、つながりは増えました。
おかげで楽しいことも沢山経験できたし、新しい可能性のようなものが広がっているのを感じます。
でも、でもですよ。注意しないと「ブログ盲目」になる危険もあるんじゃないかと思いました。
新しい出会い・つながりも刺激的で良いものですが、中学・高校、もしくはもっと前からの友人関係も大事にしておきたいなぁと、今の自分が彼らにも届くような、会わない時間が関係を熟成させるような、そんな「自分アピール」をしたいものです。・・・ウザくない程度に!

スポンサードリンク

By: Yogendra Joshi

シェアしてみませんか?