第4回:ブロガーズハングアウトに参加して思ったこと。「オレオレ記事って、いいよね」

アイコン

ブロガーズハングアウトという素敵な企画をご存知でしょうか?
なにそれ?という方はこちらをチェック



ざっくり言うと、ブロガーがネットごしにビデオ会話して、いろんなこと話しましょうという会です。
上の記事を読んで、第2回以降を仕切ってらっしゃる@Qtaroさんに「いいないいなーチラチラッ|д゚)チラッ」と言ったところ、ありがたいことに声をかけていただきました(^^ゞ

スポンサードリンク

「ブログ書いてる」って共通点は、強い。

初めましての方とお話するときなど、最初は探り探りですよね。
でも、たとえばお互い野球が好きだとわかったりすると、グっと距離が縮まります。それと一緒で、「ブログ書いてる人」ってだけで、他の趣味があまりかぶらなくても、すごく話しやすいんですよね。
さらにブログが野球等と違うのは「相手のことを知るキッカケにあふれている」という点。
初対面のブロガーと話すとわかっていれば、相手のブログ読みますよね。そして読めば大体の人となりがわかる。
このへん、ブログ書いてる人同士が仲良くなりやすい要因ですよね。
そんなわけで、今回はお初の方もいらっしゃいましたが和気あいあいと話すことができました。

印象に残っている「オレオレ記事」の話をしましょう

ブロガーが集まって、他愛のない話から検索エンジンの話などいろいろトピックが出た中で、一番印象に残ってる(ほぼ日手帳にメモしてある)のは「オレオレ記事」の話です。

「オレオレ記事」=「自分の思いを綴った記事」

ブログで人気が出る記事というのは、いわゆる「お役立ち記事」だと言われています。
読んだ人に直接的なメリットがある記事。
オレオレ記事というのは、私の理解ではその反対、「自分はこう思うんだよね」という「自分を押し出した記事」のことです。
押し出したといっても、必ずしも熱っぽくはなくて。
「そふぁねさんは、気に入ってるオレオレ記事とかありますか?」と聞かれて、真っ先に出てきたのがこちら。

自分で言うのもなんですが、「毒にも薬にもならない記事」ではあります。
もしこの記事を「お役立ち記事」として書こうと思ったら、たとえば「マグカップが食洗機OKか調べる方法」なんて切り口で書きます。でも、ヤマがなくてもオチがなくても「書きたかった」「聞いて欲しかった」んですよね。マグの裏の話が。
そしてそれぞれ「自分の好きな、自分のオレオレ記事」を挙げていきました。
うーん、やっぱり「その人」がより出てるというか、アプリの使い方とか買ったガジェットとかの記事よりは、「書き手」を感じますね。

ブログの楽しみ方のひとつの面がオレオレ記事

アイコン
お役立ち記事書いてPVが増えるのも楽しいですが、一方で自分の趣味主張全開の話をして、ぽつぽつと反応があるのもまた一興。
そんなことを再確認できたハングアウトでした。
そういえば最近オレオレ記事書いてないなぁ・・・。
なんだかムクムクと書きたい欲が湧いてきたので、やりますよ!

今回の参加者の皆様のブログ

スポンサードリンク

アイコン

シェアしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です