「今年の目標」を達成するために、JawboneUPを購入した

JawboneUP1.JPG

JawboneUP1
皆さんは、今年のはじめに「今年は○○するぞ!」と目標を立てましたか?
立てた方は、5月になった今、その目標を覚えていますか?
私は、立てた目標の一つが「からだのことを考える」でした。
細かく決めようとすれば、運動をするとか食事に気をつけるとかになるのでしょうが、あえてざっくり。
そして他にも「ストレスを解消する手立てを持つ」「強みを活かす」などなども目標としていたので、それらを組み合わせた結果がUPの購入だったのです。

スポンサードリンク

UPを買うメリットだと思ったこと

ストレス解消

私のストレス解消方法の一つが、買い物。もう一つが、デジタルなモノに触れること。
この2つが満たされます。同じ買い物するんだったら、ただ消費して終わるものではなく自分にメリットになるものがいいので、少なくとも無駄遣いではありません。1

記録を集めて残せる

以前ストレングス・ファインダー(さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすを買うとできるテスト)でわかった私の資質の一つが「収集心」。
収集心の説明には、こうあります。

あなたは物や情報を手に入れ、集め、整理して保管し続けます。それが面白いのです。それがあなたの心を常に生き生きとさせるのです。

何かを集めるというのは、それが直接役に立った場面だけでなく、「集まって、存在していることによって心が満たされる」という意味もあるのです。
自分の睡眠や運動の記録がログとして残っていくことその事実だけで私のこころとからだの健康に一役かってくれる、と信じています。2

そんなことを期待して、JawboneUP入手です。

JawboneUP2
色はブルーにしました。ワールドカップあるし!
Bluetoothの付いているJawboneUP24ではありません。
Bluetoothは確かに魅力的なのですが、バッテリの持ちが短くなってしまうということで、直接接続するタイプを購入。
JawboneUP4
手首が細めの私ですが、Mサイズでちょうどピッタリ、といったところでした。
ちょっとゆるめで着けたかったので、Lサイズにしとけばよかったかも。締め付けがきついわけでないので問題ないんですけどね。

使用感など、これからたまにレビューしていきます

アイコン
IFTTTとの連携とか、あとは自分でプログラム書いてUPのAPI使ったりとか、遊べる要素がいろいろありそう。



夏場暑い時に付けた感じとか含め、たまにレビューしていきます。

今回購入したモノ

こちらがBluetoothあるほう

  1. ブログネタになったし []
  2. 実際、Evernoteで1年前のライフログを見るのとか楽しいですよね []

スポンサードリンク