石垣の離島小浜島で原付をレンタルする際に覚えておきたいポイント

DSC_0926.JPG

DSC 0926
石垣島から船で30分ほどのところにある離島、小浜島。
連続テレビ小説「ちゅらさん」の舞台にもなったこの島は、年間10万人以上が訪れる観光スポット。
島を回るには、自転車や原付、車をレンタルする方が多いようです。
私も「まずは原付を借りよう」と思って船を降りると、降りたまさにその場に「レンタサイクル ○○円」という看板を持ったおじさんやおねーさんが立っています。用意周到。
どこもほとんど値段は一緒で、3,4つの業者さんがレンタルしてるようでした。
実際にわたしが原付をレンタルしてみて、このへんに気をつけて借りると安心だったなぁ、知っておきたかったなぁと感じたポイント3つをご紹介。

スポンサードリンク

小浜島で原付を借りる際のポイント3つ

ポイント1.保険はどうなってる?

島の中は車はほとんど通っていないので人身事故の可能性は低いかもしれませんが・・・万一旅先で物損事故でも起こすと、思い出が台無し。そんなときのことを考えると、保険は気にしたほうがいいでしょう。
料金に保険が入っている・いない。もしくは別途入れる・入れないなど、借りる先によってまちまちなので、きちんと確認して納得してから借りましょう。
わたしはてっきり保険コミコミでのレンタルかと思って行ったのですが「保険とかないんで、事故らないように気をつけてくださいね!」という回答が((((;゚Д゚))))
もちろん気をつけて運転して、無事故でお返ししました。

ポイント2.原付乗るのは何年ぶり?

業者さんによっては、「実は原付○年ぶりで・・・」と言うと嫌な顔をするところもあるとか。
そういうときは他のところに行っちゃいましょう!「実は久しぶりなので、一応乗り方教えてもらえますか?」と言って、快く応対してくれるところから借りたほうがいいでしょう。
正直島の中を乗るぶんにはほぼ安全ですし、絶景を前にスピードを出し過ぎることもないと思いますが、出発する前に店の外で練習させてもらうほうがいいかも。
わたしの借りた店では、親切に使い方を解説してくれました。

ポイント3.意外とボロいぞ!

借りた原付、けっこうボロかったです。走ってるうちにミラーが下をむいたり・・・w
多少の覚悟を持って借りましょう。

旅行先でのバイクは、特にお気をつけください。

アイコン
原付とはいえバイクです。転んだら怪我する可能性も。
現地でレンタルをお考えの方はぜひ上の3つのポイントを参考にしていただいて、安心&納得して楽しんでいただきたいと思います!

スポンサードリンク