torneを2年半使った私がnasneを買ってみてのファーストインプレッション

nasne-1.JPG
Nasne 1

テレビの録画はもっぱらPS3で、そふぁね(@sofa_ne)です。
先日nasneを購入しました。
今までずっと、テレビ番組の録画にはtorneを使っていたのですが、torneに接続していた外付けハードディスクが「ヴィーーン」というなんとも怪しげな音を出すようになり・・・
大好きなモヤモヤさまぁ~ず2が録画できなくなったりしたら悲しいので、いろいろと検討した結果nasneを購入するに至ったわけです。

スポンサードリンク

内容物

開封の儀とまではいきませんが、内容物をご紹介。

本体

Nasne 3
現行形のPS3や一つ前の世代のPS3と揃えてあるデザイン。
持ってみると意外と軽いです。タブレット端末なんかと違って持ち歩くものではないので、重い軽いはそこまで重要ではないですね。
Nasne 4
nasne自体は去年から発売していましたが、この1TBモデルは今年(2013年)の10月に出た最新モデル。
ハードディスクは外付けで増やせるのですが、配線やコンセントの関係もあって容量の大きい方を選択しました。

ケーブル類

Nasne 2
当然必要な電源ケーブルの他に、アンテナケーブルとLANケーブルが入っています。LANケーブルが1メートル、アンテナケーブルが1.5メートルです。長さがこれで足りる方は買い足す必要はありません。
もし買うときに店員さんに「アンテナケーブルが必要ですよ^^」なんて言われても「入ってますよ」と一蹴しましょう。

torneユーザーがnasneを買い足して初めてわかったこと

Nasne 6

torneからnasneには番組は移せない!

これは私の下調べが足りませんでした・・・。
先に書いたように、今回の購入の動機がそもそも「今torneでの録画に使ってるハードディスクがもうすぐ壊れそう」ということでした。だから、今まで録画した番組もぜんぶnasneに移してしまえば安心!なんて思っていました。
ところが、torneに録画していた番組はnasneには移せないんですね(つд⊂)エーン
結局壊れそうなHDDはそのまま使っています。新しく録画する番組はすべてnasneに録画するようにしています。

nasneは静か

nasneはとても静かで素晴らしいです。メディアサーバーなので、「常時電源付きっぱなし」なのですが、寝るときもほとんど気になりませんでした。私は訳あって寝るときの音にものすごく敏感なんですが、「ああ、まあ確かにnasneの音するなぁ」程度で問題なく寝られています。寝るときに腕時計の秒針の音が気になるくらいの人でなければ大丈夫かと。

メディアサーバー機能が実は最高だった

これはまた別記事にまとめたいと思いますが、nasneにはメディアサーバー機能が備わっています。
これどういうことかといいますと、nasneに音楽や動画、画像を入れて、スマホやタブレットから見られたりするんです。家のネットワーク内なら、録画しておいた番組をスマホから見たりも可能。
買う前には正直そんなに魅力を感じていなかったのですが、実際に使ってみるといろいろ便利。
PCやPS3を立ちあげなくてもデータにアクセスできるっていいですよ!

まとめ:最新のモノで無くても、いいものはいい!

アイコン
最近だとiPhoneやiPadなんかは発売直後に購入する方が多い気がします。
時間がたつと、「新しいのが出るのを待つ」という選択も出てきます。
nasne自体は発売から1年以上が経過していますが、10月の1TBモデル発売と同時に新たな機能が追加されたりと、最新でないことは正直気になりません。「いまさらnasneかぁ・・・」と思ってる方は、そう言わずにモノとして良さそうかどうかを見てみてください!

スポンサードリンク

nasne-1.JPG

シェアしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です