払った「税金」について考えるキッカケをくれた本『フツーのサラリーマンが週末副業を始めてみた』

DSC_0015.JPG

ザ・新入社員のそふぁね@sofa_neです!
社会人になってから前よりもつとめて本を読むようにしてきました。
特に今まであまり興味を持ってこなかった「お金」とか「経済」の本も読むようにしています。

で、会社に入ったばかりでいうのもなんですが「会社に頼らなくとも生きていける人間にならねば!」と思い、副業に関する本を探してみました。
見つけたのがこの『フツーのサラリーマンが週末副業を始めてみた』という本です。
この本、読んでみたらいろいろと面白いことが書いてありました(`・ω・´)

スポンサードリンク

プロブロガーさんやノマドワーカーさん、独立してる方にとってはジョウシキなのかもしれませんが(;´∀`)気にせずご紹介します!

「楽して儲かるハウツー本」にあらず!

副業の本、なんて聞くといかにもラクして月○万円!みたいなことが書いてありそうですが、この本は違いました。
本当に普通のサラリーマンが不況のせいで給料もあがらず、なんとか本業以外で収入を得ねば、ということで著者が副業を始めて軌道に乗るまでの話が書いてあります。
そして、この本の内容の柱は2つ。

好きなことを仕事に

A0002 006833

好きなことを仕事にして生活ができたらいい、というのは誰しも思うことではないでしょうか(`・ω・´)
でも、好きなことをして十分な収入を得られる人は多くないように思います。
でも副業であれば、好きなことをして収入を得られるチャンスもあるはず。
著者はレコードが趣味だそうで、海外からレコードを仕入れて日本のネットオークションで販売することで、収入を得ているそうです。
これは長年趣味としてきたレコードの「買い方」や、レコードが好きな人がどういったことを喜ぶ(お金を払う)のかという「知識の蓄積」があってできたこと。
好きだからこそ、それをお金に変えることができているようです。

サラリーマンでも税金に無頓着ではダメ!上手に節税を!

A0002 003051

私が特に興味を持って読んでいたのがこちらのトピック。
今年から会社で働き始め、まず思ったのは「給料からはこんなにいろいろ引かれるのか!」ということです(´・ω・`)
でも、なんとなーく「そういうものかなー」と思っていました。
しかし、

サラリーマンは税金をたくさん取られているのに何も感じない。経営者は税制で優遇されているのに常に税を意識している

という文を読んで、「確かにこのままわけも分からず税金を引かれていくのは嫌だ、ちゃんと知らねば!」と思いました。
この本にも所得税や住民税について簡単に解説があり、そしてメインである「節税=支払う税金を減らす」方法について、詳しく説明されています。
著者の行なっている方法は、副業を行うにあたり「個人事業主」になることで、副業でかかった経費を引いて所得を減らし、所得税を減らすという方法です。
「え、所得が減るなんてダメじゃん。」と思うかもしれません。が、これで合っているんです。
この本で解説されている方法では、「副業で赤字をだしてもぜんぜんオッケーヽ(=´▽`=)ノ」というスタンスなんです。(もちろん副業で黒字ウハウハになったら最高ですが!)
実際に読んでもらうとなんとなくわかると思います(´ω`)
税金ってなんだかよくわからないですし正直面倒ですけど、アクションを起こすといいことがあるよ!ということが書いてあるので、参考にしながら他の本を読んでみる等々して、2,3年後から行動を起こしてみようと決意しました(`・ω・´)ゞ

もっとお金のことも考えよう

どうしてもお金の話になるといじきたないような悪いイメージを持たれがちですよね。
私もあまりいいイメージはなかったのですが、いざ自分が仕事をしてお給料をもらうようになって、考えずにはいられなくなってきました。
今回読んだのはサラリーマンから見た「個人のお金の動き」についての本でしたが、今度は「会社のなかでのお金の動き」についても知りたいなーと思いました。

イケダハヤトさんもこの本をオススメされています

【2013/1/7追記】
「本業」を「副業」に言いかえてみよう
「本業」を「副業」に言いかえてみよう | ihayato.news

本業を副業に言い換える、ほんとに面白い考え方ですよね。なるほど、と思いました。

めずらしく長めの文をかいたそふぁねでした($・・)/~~~

【本の話 1】

スポンサードリンク

DSC_0015.JPG

シェアしてみませんか?