タダでビールが飲み比べできてお土産までもらえてしまう。サントリーのビール工場見学最高!

DSC_0630.JPG

皆さんはビール工場見学に行ったこと、ありますか?
数年前からバラエティ番組でも工場で製品が作られている様子が映ったり、「工場見学」は人気が高い。
そんな工場見学の中でも特にオススメなのが「ビール工場」の見学。
私は以前キリンの工場に行き、今回はサントリーの工場に行きました。
どちらも帰りには満足感とアルコールでごきげん状態。
ゼヒ皆さんにも行ってみていただきたい!そう思って、ビール工場見学の魅力について語ります。

スポンサードリンク

サントリー武蔵野ビール工場の見学の魅力

1.普段飲んでいるビールの裏側が見られる・聞ける

普段スーパーなどで買って飲む缶ビール。
それがどんな工程を経て我々のノドをハッピーにしているのか、気になりませんか?
工場見学なので、当然その工程を見て・聞いて知ることができます。

DSC 0621
たとえばこんな大きいタンクの中を覗くことができたり。

DSC 0623
こだわりの「麦」や「ホップ」について聞くことができたり。
ちなみに麦は食べさせてもらえます。ホップは、錠剤のように固めた成分の匂いをかがせてもらうことができます。(これは食べると苦味が一日とれないらしい)

DSC 0628
映像も見て、ビールの出来るまでを追う。これだけでも普段のビールが美味しく感じられますよね。

2.試飲させてもらえる!

ビール工場見学の魅力といったらコレ。
その工場で作られたビールを飲ませてもらうことができるんですねー。
DSC 0630
もちろんサントリーの美人なお姉様が注いでくださったビール。
おつまみまでついています。
ここではビールを3杯まで試飲させてもらうことができます。
DSC 0634
2杯目に武蔵野工場限定のビールを頂きました。
一杯目のプレミアムモルツと比べると、後に爽やかな苦味が残る、ちょっと癖のあるタイプ。
個人的にはこちらのほうが好みでした!
食事と一緒ならプレモル、ビールを楽しみたいなら武蔵野工場限定のビールかな、という感想です。

まだまだある!その他の魅力

無料送迎バス

DSC 0617
最寄りのJR南武線分倍河原駅から無料送迎バスが30分間隔で出ています。
これに乗ると10分待たずに工場に到着。

事前予約してクーポンを持って行くとグラスがもらえる

工場見学プレゼント引換券 武蔵野ビール工場 工場見学へ行こう サントリー

なんと人数分グラスがもらえちゃうのです。
もちろんおみやげ屋さんでもグラス類が売っている(500円前後が多い)のですが、タダでロゴ入りがもらえるなんて嬉しいじゃありませんか。

行く前に確認しておきたいこと

さて、ここからはサントリー武蔵野ビール工場に行く上で気をつけるべきこと、わかっておくべきことなど。

子連れもOKだが退屈しちゃうかも

当然ながらビールは飲めないこどもたち。
子連れのファミリーも何組か居ましたが、子どもたちは退屈されているご様子・・・。
夏休みの宿題のネタなど何かしら理由があって連れて行くのがベストかと思います!
ちなみに試飲会場ではジュール類も飲ませてもらえるので、そのときは子どもたちもニコニコ。

飲酒運転ダメ・ゼッタイ

運転してきた人、運転の予定がある人にはそれを表すカードが配られます。
これを首から下げておくと、お姉さんがビールを勧めない、という仕組みです。
法律は守りましょう!

実は仕事のヒントが隠れているかもしれない工場見学

私はビール工場見学が二箇所目だったのですが、他にもウイスキーの蒸留所などにも見学に行きました。
共通するのが「接客が凄く丁寧」ということ。
さきほどから何度も記事に登場している「お姉さん」。
受付、案内、試飲会場でのビール提供など、いろんな方がいるのですが、皆さん丁寧です。
当然、自社の工場でお客様を迎えるわけですから、ちょっとでも問題があると企業の評判を落とすことになるのでしょう。
サービス業や接客業の方なんかが行くと、何か得るものがあるんじゃないかなーなんて客先常駐エンジニアの私は思いました。

ソファに寝ながら記事まとめ

アイコン
ビール工場見学は、楽しい!
無料での試飲やお土産など、満足度高し!
休みの午後のレジャーとしては、時間も長すぎず非常に楽しい。
今週末は最寄りの工場へ足を運んでみては?

スポンサードリンク

DSC_0630.JPG

シェアしてみませんか?