【書評】武器としての書く技術/イケダハヤト

fd961938cdfee76805561f3b8b55c791.JPG
武器としての書く技術

効果が出ているかどうかは別として、わたしは文章(とくにブログ)を書く上での文章術のような本を読むのがスキです。
コレとかも↓
【読書記録】ソーシャルメディアで伝わる文章術
しかも、賛否両論ありそうですがイケダハヤト氏もけっこう好きなんです。
そんなわけで、「なれる!イケダハヤト!」と勝手にキャッチコピーをつけた上でこの『武器としての書く技術』を読みました。
この本は特に「ブログで稼ぐ」ための書く技術に関する本です。
一般に応用できる部分もあるかもしれませんが、ブログ等ネットで多くの人の目に触れる可能性のある文章を書く人にとって有益な本です。
ことばを武器にするための心の持ち方と、具体的なテクニック。
それから「稼ぎ方」のこちらも具体的なビジョンが示されています。
それでは、内容をさらっていきましょう。

スポンサードリンク

お前の文章に「生まれた意味」はあるのか?

まるで今までに食べたパンの枚数や、いままでにスキャンした本の数を問うているようですが、コレ、大事です。どういうことか。

ウェブ時代の文章は「ストリートライブ」

ウェブ上の人々は日々の生活や仕事で忙しく、あなたの文章を読んであげようという人はいません。とにかく忙しい。忙しくなかったとしても、限られた時間で「より面白い」「より役立つ」情報を求めてさまよっています。そんな中で、あなたがただ漫然と文章を垂れ流していても誰も読んではくれません。

すみません完全に漫然と書いてました。
言われるともっともなんですがね。「ブログは楽しく書きたい」といった思いと「読まれる文章を書く」の2つはたまに喧嘩します。
やはり読まれるためには「ただ垂れ流す」のではなく、読まれるための書き方をする必要がある。
じゃあどういう文章をかけばいいのか。

読み手に何らかの感情を引き起こさせる文章を書け

何の感情も引き起こさないような、他の誰にも話したくならないような文章はこの世に生まれた意味がない、と言っても言いすぎではないでしょう。

読んだ人が「ふーん」としか思わない文章はこの世に生まれた意味が無いと言っています。
手厳しい、が、完全には否定できない。

読み手に何らかの感情を引き起こす文章を書くための黄金レシピ

ここまで言うのですから、イケダハヤト氏は「どうやって文章を書けばいいのか」を示してくれています。

オイシイ文章を作るためには以下のレシピに沿って作るといいでしょう。
①その文書で何を伝えたいか(料理名を決める)
②まず書きたいことを箇条書きにしてみる(材料を集めてくる)
③どういう流れがベストか考える(手順を考えながら調理)
④具体例などを入れながら肉づけしていく(味付け)
⑤伝わる文章に味つけしていく(スパイス)

詳細は本書で読んでいただくとして、正直「イケダハヤト氏が言うわりに普通だ!」と感じてしまいました。黄金パターンなんだから、それはそうか。

もっとイケダハヤトらしいテクが知りたい

ちゃんと書いてあります。

断定しろ

通常は以下のように書いてしまいがちです。
他人の気持ちを考えない人は仕事もできない人だと思います。
そうではなくて、
他人の気持ちを考えない人は仕事もできない人です。
こう言い切ってしまいましょう。「断定するな!」などの批判が来たらこっちのものです。少なくとも読者の感情を動かした意味のある文を書いたことになるわけです。

なるほど、確かにこのほうが説得力があるし、何より「俺はこう思ったんだ!」というメッセージ性が生まれています。

本音を言うことを恐れるな

この本を手に取ったあなたには、「本心からの意見を恐れず発信する」勇気を持つことを強くおすすめします。

誰も傷つけない無味無臭のテキストは、誰の心にも刺さらないテキストです。文章を書いて、何かしら人の心に届かせたいと願うならば、誰かの目を気にしていてはいけません。一切誰も傷つけたくないと思うのならば、刺激的で面白く、価値のある文章を書くことは難しいでしょう。

いよいよ「らしく」なって来ました。
自分にも心当たりがありますが、なんとなく表現を柔らかめにしたりして「当たり障りがないように」書きがちです。
そうではなくて、そのままどーんと出してしまえと。
その通りですよね。うまく作り上げた耳障りのいいことばに「いいね」と言ってもらうよりも、ガツンと発した言葉に「いいね!」と賛同してもらうほうが、うれしい。

マジックワードを混ぜる

コンプレックス系ワードや、オススメ系ワードが説明されています。
たとえば

「教養のない人の〜」「頭が悪い人の〜」「なぜかモテない人の〜」

この手のワードはイケダハヤト氏が得意ですよね。
彼の上手なところが、名指ししているわけじゃないのに「俺のことか!?あぁん!?」と万人のコンプレックスを上手にフックにかけるところ。
正直同じ路線を突き進もうとは思いませんが、参考になる部分ではあります。

さて、テクニックをさっと紹介したところで、イケダハヤト氏の主張の大事なポイント。

「書く」ことは「ハイリターンな投資」

「書く」というのは頭と手を動かせば原価0円で価値を生み出せる強力な武器です。この武器を使わない手はありません。

「書く」という行為は、資格も、体力も、肩書きも、学歴も、もちろん資金もいりません。誰でも、何歳からでも、人生を好転させることができる方法。それが「書く」ということなのです。  書くことはある意味でハイリターンの投資ともいえるでしょう。

「書く」という行為自体を「投資」として考えている人は少ない。自分もそんなこと思いもしなかった。
この「書く」という行為への意識のスイッチ、これを切り替えてやることで、リターンがどんどん大きくなる。
そしてスイッチを切り替えてくれるのが本書。

ソファに寝ながら記事まとめ

アイコン
普段文章を書くときには、それが強力な武器となることを意識しよう。
文章を書く技術を「研ぐ」ことによって、その力はとてつもなく大きくなる。
研ぐのにお金はいらない。
イケダ道とは、書くことと見つけたり。−そふぁね

スポンサードリンク

fd961938cdfee76805561f3b8b55c791.JPG

シェアしてみませんか?