女性おひとりさまもOK!新宿ルミネ1地下『だし茶漬け えん』

DSCN0216_compressed
スクリーンショット_051413_101333_PM

先日新宿にある『だし茶漬け えん』に』行ってきました。
新宿駅のすぐそば、ルミネの地下にありながら、なかなか行く機会が無かったお店。
ところが行ってみるとなかなかに居心地がよく美味しい!
そんなわけで、ご紹介します。

公式ページ

だし茶漬け えん

店舗一覧を見ると、渋谷や六本木などにも店舗があるようです。

値段もそれなりで、満足できる量。

鮪のだし茶漬けや、鯛のだし茶漬け、これからうれしい冷汁など、さまざまな種類があります。
価格帯は7,800円が多い印象。
また、メンチカツやコロッケなども売っているので「お茶漬けだけじゃ足りないぜ」というメンズや、「私こう見えてたくさん食べるんですぅキャピ」なガールズも満足できます。
さらにさらに、お値段そのままでご飯の量を大中小から選べます。これまたウレシイ。
私は少食なので「おなかすいてるから中!」と声高らかに注文しました。

ハーフ&ハーフが到着

お茶漬けがたくさんあって、迷っちゃう、決められない!
そんなときにおすすめなのがハーフ&ハーフ。
好きなお茶漬けを二つ選んで楽しむことができます。オットクー!1
DSCN0215_compressed

さっそくいただきます。
鯛にゴマダレが絡めてあるお茶漬けは、「最初の一口はだしをかけずにそのままお召し上がりください」とのこと。
そ、そこまで言うんなら・・・
と、オススメにしたがって食べてみる。
うまい!唇に触れる前からうまいっていう準備が完了するくらいうまい!
小細工なしの、想像通りのおいしさ。これはだしをかけても期待大。
ワクワクしながらだしをかけて、また一口。
たれのゴマ風味がやさしく広がって、その中から鯛。
あー、ハーフじゃなくてコレオンリーで一杯にすればよかったと思ってしまう。

しかし、それではもう一品の「あさりと生海苔の深川だし茶漬け」がかわいそうというもの。
こちらもだしをかけていただきます。
ずるっとすすった瞬間、こちらは予想外の味。
ショウガだ。
あさりと海苔の磯風味に、しっかりと効いたショウガ。
方向の違う二種類のお茶漬けに、交互に食べるととまりません。

DSCN0216_compressed
こちらは「漬け鮪の漁師風だし茶漬け」と、たしか限定の「スズキの茶漬け」(公式に載ってないのでうろ覚え)
鮪は安定のお味。だし茶漬けの中では横綱といってもいいのでは?
そしてスズキもさっぱりしていておいしい。
種類がたくさんあると、「今度来た時にはあっちを食べよう」なんて思っちゃいますね。

女性客もたくさん。

食券タイプのお店で、カウンターのみ。
なんだか松屋みたいなイメージですが、店内は半分以上が女性。
おひとり様もおおく居ました。
外観もけっこうオシャレで、逆にメンズのほうが浮いてしまうかも・・・?
しかし!元気のよくて若い女性の店員さんがやさしく迎えてくれるので大丈夫!
皆様もぜひ行ってみてください。

えん ルミネ新宿店
[だし茶漬け]えん ルミネ新宿店
JR新宿駅 南口 徒歩1分
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿店ルミネ1-B2(地図
ぐるなびで えん ルミネ新宿店 の詳細情報を見る
※2013年5月14日現在の情報です
ぐるなびぐるなび新宿のファーストフードのお店情報もチェック!

  1. 31アイスのイメージで []

スポンサードリンク

DSCN0216_compressed

シェアしてみませんか?