毎日に閉塞感を感じているアナタ、『格ゲー初心者上達論』から何か得るものがあるかも。

arcade_stick.jpg

arcade_stick
photo credit: VieDeGeek via photopin cc

例えば勉強をしているけれど、なかなかのびない。
例えばブログを書いているけれど、なかなか見てもらえない。
そんな「伸び悩み」とか「閉塞感」を感じることがあるかと思います。
私もブログを書いていて「なかなかPVが増えないなぁ」なんて悩んだりしました。最初。1
そういう感覚でいるときって、なかなか前向きな気持ちになったり、「がんばろう!」とやる気をだすのは難しい。

そこで、ちょっと目線を変えて、「格闘ゲームの上達論」なんてみてみるのはどうでしょうか。
「興味ない・・・」「やったことないしよくわからない・・・」
そんな人でも読んでみてほしいです。
別に「ゲームで遊べ」と勧めるつもりなのではありません。
「たまには自分の枠の外のジャンルから、何か学びを得るのはどうでしょう?」という提案です。

スポンサードリンク

格闘ゲームの上達は厳しく険しい

今回見ていただきたいページがコチラ
熊花日記 : [格ゲー初心者上達論]インデックス

格闘ゲームが上手になりたい、と思った人のために書かれた記事まとめです。
別に格闘ゲームがうまくなりたいわけではない皆さん(中にはうまくなりたい方もいらっしゃるでしょうが)にとって、「たかがゲームにそんな大げさな」という感じでしょう。
しかし、そんな「ゲーム」の中でも特に修行が必要なのが「格闘ゲーム」なのです。

格闘ゲームの修行は、本物の武道にも通じる?

武道でもスポーツでも、上達しようと思ったら練習が欠かせません。
基本となる練習を繰り返しやる。時には相手と試合をする。
自分の欠点を理解し、補うための訓練をする。
相手の動きをよく見て、次の行動を予測できるようになる。
・・・
こういった項目は、そっくりそのまま「格闘ゲーム」にも当てはまります。
さながら本物の「空手」や「柔道」のようです。
もちろんゲームですから、みんなが「道」を歩む必要はないのですが、「上達しよう」という強い決意がある場合には、道を歩む必要があります。

そんな格闘ゲームの上達論から学べること

例えばコレ。
熊花日記 : [格ゲー][格ゲー初心者上達論]まとめることの大切さ

要約すると、学んだことをまとめよ、ということです。
ブログに公開したり、自分だけのノートに書いたり・・・
対象はなんにせよ、自分の得た知識を一度咀嚼して、整理する。

初心者はとにかく情報整理をするべき。

と上の文章でも書かれています。

また、こんな記事もあります。
熊花日記 : [ゲーム][格ゲー初心者上達論]格ゲーにおいて、問題を明確にしないで考えることは単なる無駄でしかない。

私なんかタイトル見ただけで反省しました。
先日も上司に「アドバイスお願いします」なんて言ったので、そのときに自分の問題点を明確にしてアドバイスを求められたかどうか。自信がないかも。
格ゲーにおいて、というタイトルになっていますが、格ゲー以外でもそう。

「あたりまえの事だらけじゃないか」と思ったアナタへ

閉塞感がある・行き詰まっている場合、多くは
当たり前のことが見えていない(できていない)
のではないでしょうか。
いい言葉、「なるほどなぁ」と思った言葉、そのとき響いてもあとになったら忘れていることが多いのでは?
だから、たとえ当たり前のことでも手を変え品を変え何度もインプットする必要があると思いました。
その「何度もインプットする」のには、自分の興味とは離れた「別ジャンル」の知見として吸収するのも効果的なのではないかと考え、この記事を書きました。
格闘ゲームに興味のない人に見てほしい、格闘ゲーム上達論。
皆さんになにか得るものがあれば嬉しいです。

プロゲーマーの言葉も重みがあります

これもいい本で、自分を奮い立たせてくれるような言葉が書いてあります。たくさん。
奮い立たせてくれるんですが、それは「がんばれ!がんばれ!お前ならやれるって!どうして諦めるんだよそこで!シジミが採れるって頑張ってんだ!」みたいな松岡修造のような熱さはなし。
その代わり、百戦錬磨の達人のような落ち着きをもって語られています。
私の感想・記録の記事はコチラ。

【読書記録】勝ち続ける意志力 | そふぁねブログ
  1. そんなの気にしなきゃいいじゃん!というのはまた別のハナシで。 []

スポンサードリンク

arcade_stick.jpg

シェアしてみませんか?