雑誌の付録に万年筆が付いてきた!書き心地やいかに

DSC_0309

DSC_0309
どうもー、最近は文房具にもハマりつつあるそふぁね@sofa_neです!

きのうコンビニに寄ってみたところ、なんと雑誌の付録に万年筆がついているではありませんか!
その雑誌はコチラ。DIME5月号。

付録の万年筆レビュー

DSC_0310
箱入です。箱のウラ面に説明書きがあります。

DSC_0311
中には本体とカートリッジが二本。カートリッジは「欧州共通規格」だそうです。

DSC_0312
クリップ部分に「DIME」の文字。

DSC_0315
先端部は結構丸めな印象。写真ではわかりづらいですが、刻印があります。

DSC_0323
書いてみました。
インクが結構ドバっと出て太字です。
アマゾンのレビューでも太めだと言われています。
本体自体はすっきりと細めで、手帳に刺しておくのにいいように作られているそう。
まだそれほど書いていませんが、ちょっとインクが漏れている予感・・・
もしかしたら自分がハズレをひいてしまったのかもしれませんが(;´∀`)
付録ですから、過度な期待は厳禁。
680円の雑誌に付いてくると考えれば、妥当かもしれません。
高い万年筆はおうちで。こういった簡易版を職場等で使うというのはアリだと思いますね。

ガジェット大好きな皆様も、たまにはアナログなモノで文字を書きませんか?といったことが紙面では書かれています。
万年筆・時計・ウイスキーの3つを「アナログでキメる」という企画。
ウイスキーも好きな私は楽しく読めました。

スポンサードリンク

DSC_0309

シェアしてみませんか?