Googleリーダー終了で情報の価値は「誰が書いたか」から「誰が広めたか」に変化するのか?

a0001_016187

a0002_010920
今日はGoogleリーダーが終了というニュースでもちきりです。
私もGoogleリーダーを利用していろんな方のブログをチェックしていたので、正直なくなると困ります・・・

ふと、強力なRSSリーダーがなくなった今後はどうなるのかを考えてみました。
ここで述べるのは、「みんなに聞いてほしい私の意見」というよりもむしろ「こんなこと思ってたんだけど皆さんどうでしょう?」というニュアンスです。
自分でもぼんやりとしてますので。

RSSを登録して読むのは「人を気に入ったとき」

RSSリーダーで誰かのブログなりサイトの更新をチェックするというのは、基本的に書いてる中の人に対して気持ちが動いたときだと思います。
この人の書く文章は面白いなー、とか。
この人の書く記事はいつも役に立つなー、とか。
ですから、気に入った人の書いている文章を追えなくなるのは、個人的には痛手。

Twitterで追えばいいんじゃないの?とも思うけれど・・・

記事の書き手がTwitterをやっていた場合、更新情報を流してくれるかたが多いでしょうし、事足りそうです。
しかし、よく言われる「Twitterはフロー型のメディア」と呼ばれるアレ。
Twitterだと更新情報も過去へと流れていってしまいますよね。
RSSリーダーのように溜まっていくことはありません。

いよいよ「キュレーションの時代」?

a0001_016187
キュレーションキュレーションとバズって久しいですが、私にはキュレーションやキュレーターの時代が来たという実感はありませんでした。1
今までは「面白いことを書く人」をGoogleリーダーでおえていたわけです。
しかし、これからTwitterやFacebookなど「フロー型」と言われるようなもので情報を追おうとすると、目立ってくるのは「面白いことを流す人」です。
「面白いことを流す人」は既にかなりの影響力を持っているわけですが、その規模が広がってくる(=人が増える)のかなーと。

Naverまとめなんかはいい例だと思う

Naverまとめは「まとめ」ですから、ほとんどのコンテンツは加工された二次創作物です。
それがかなりのPVを誇っているわけですから、NAVERまとめでは「誰が書いたか」よりも「中身が面白いか」が重視されているのでしょう。
もはや我々は、「面白いことを書く人」を探してGoogleリーダーに登録するのではなく、「面白いことを見つけて・編集して流す人」をフォローするようになっているんですね。
面白いことを書く人を探したり編集したり・・・という作業をキュレーターにまかせてしまって。
もしくは一億総キュレーターになるのでしょうか。

個人的には「さみしい」なぁ

記事単位に「はてブ」がついたり、「いいね!」をされたり、Twitterで広まったり・・・
ブログ書いてる身としてはそういうのももちろん嬉しいのですが、Googleリーダーなどに登録して「継続して見てますよ」と言われるのもまた嬉しいわけです。
それがなくなる・・・完全になくなるわけではなくFeedly等々が頑張ってくれるにしても、ちょっとさみしいなぁと思うわけです。
書いた人、から流した人、編集した人に注目が集まるようになっても、やっぱり「最初に0から1を生み出した人がいちばんスゴイ」と思います。2

  1. 取り残されてただけ? []
  2. 自分は編集したり二次創作のほうが得意なので、特にそう思うのかもしれません []

スポンサードリンク

a0001_016187

シェアしてみませんか?