「とにかく書け!」を信じてブログを100記事書いてみて感じたこと

slooProImg_20130309224250.png
a0002_010698

20130203-213802.jpg
どうもー、いつの間にかブログを100記事書いてました。そふぁね@sofa_neです!

記事数が100というのは一つの節目だと思うので、いままでやってみて感じたことを書きたいと思います。

楽しんで、続いてます。ブログ書くのが苦にはならなかった。

DSC_0140_compressed
ブログを始めたのが去年の11月半ば。
年末くらいからはカゼひいた時以外はほぼ毎日1つ以上の記事を更新してきました。
苦だったら続かなかったと思います。
かといって毎日毎日「楽しいぜヒャッハー!」と言いながら書いていたわけでもありません。
ブログを書くことがいい意味で「習慣」になってきているのだとおもいます。

意外にもブログのネタ切れに陥ることはなかった!

書くことが無くなってしまった時のため、というのもあって「今日のそふぁね」というその日の振り返り記事があります。
しかし、現状機能していません。今日の振り返り以外に書きたいことがあることが多いからです。
もちろん、中々ブログ書く気分には・・・とか、体力が・・・という日もありました。
しかし、ネタだけはありました。
私がその日感じたこと、食べたもの、飲んだもの、買ったもの、見たもの、失敗したこと、成功したこと・・・全部ブログのネタになる可能性を持っていると気づきました。
そふぁねブログに書くにふさわしいかは別として。

『とにかく書け、100記事かけ、ブログ筋肉つけろ』は本当だった。信じて実行してよかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
たまたま内容が当たっただけかもしれませんが・・・94,5記事あたりから毎日のPVが先月の倍になってます。
倍ですよ。倍。しかも一週間くらい安定して。
「これが積み重ね、ブログ筋肉ってやつか!」と「言葉」でなく「心」で理解できました。1

マグカップで検索して来てくれる人、紹介したマグカップを買ってくれた人が現れてウレシイ

自称マグカップブロガーですから、こういったことがあると嬉しいです。
世の中に自分よりも詳しい人、自分よりたくさん集めてる人がゴマンといるのは知っています。
でも、声にだして「自分は○○が好きだ」と言うことによって集まってくる人や情報や楽しいことってたくさんあると思うんです。
「そふぁね、お前なんかまだまだだから教えてやるぜ!」なーんて言われることは大歓迎ですよね!

やりたいこともでてきた

Twitterでちらりとつぶやきましたが、昼間にカフェに集まってブログ書くような会やりたいなーなんて気持ちが出始めました。
これにはワケがあります。
ブログ始めて半年もたたないから思うのかもしれませんが、「ブログのハードルが高いと感じちゃう人がいるんじゃないかなぁ」と思うのです。
いまブログ界隈には、開始○ヶ月で○万PVだとか、情報を発信したいとか、たくさんの人とつながりたいとか、『熱』がたくさんあふれています。
私はすごくカッコイイと思いますし、うらやましい。自分が持っていない、大きな無いエネルギーがあるから。
ただ、ちょっとブログでも書いてみようかなぁと思った人の中には、熱に触れて尻込みしてしまう人もいるんじゃないかと。
私もこのブログを始める前はそうでした。
ブログといったら、はてブを集めてなんぼで、iPhoneとかMacとかEvernoteとかの役立つ情報を日々提供し続けるもので、今時日記のようなブログとかどう思われるだろう・・・みたいな。
あとはブログといったら独自ドメインをとってサーバー借りてWordpressを入れて始めるべきで、FC2とかで始めると人があつまらなくて、本気じゃないって言われそう!みたいな。
勝手な思い込みですね(;´∀`)
なので私は、Macの使い方とかiPhoneのTipsなんかの話題についてはそんなに触れずに、もっとのんびり、ソファに寝ながら読めるようなことを書こうと決心したのでした。
やりたいことに話を戻すと、やんわりした集まりが開きたいのです。
楽しければOKの。
別に無料サービスでブログを始めたっていいじゃない、月間30pvで半分が自分でもいいじゃないと。楽しければ。

今後ともどうぞよろしくお願いします(・ω<)

やりたいことの部分がとりとめなくなってしまいました。
が、自分でもいつの間にか100も書いてたんだなぁとしみじみしてしまいました。
過去の記事より最近の記事のほうがしっくりきます。慣れてきたのでしょう。
今後は過去の記事のメンテも定期的に行いながら、ソファで寝ながら読める記事の質を上げていきます。
先輩ブロガーさんたちに追いつけるようにがんばりますよ(*´ω`*)

  1. ジョジョの奇妙な冒険第五部、ペッシのセリフより []

スポンサードリンク

slooProImg_20130309224250.png

シェアしてみませんか?